title

どんぐりと山猫

宮沢賢治

80
Followers
528
Plays
0
Raised
どんぐりと山猫
どんぐりと山猫

どんぐりと山猫

宮沢賢治

80
Followers
528
Plays
0
Raised
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

ある秋の土曜日、一郎少年のもとに、下手くそで間違いだらけの文で書かれた怪しいはがきが届くところから物語がはじまる。翌日面倒な裁判があり、ぜひ出席してほしいという内容で、差出人は、山猫となっている。一郎少年は、はがきを秘密にして、一人で大喜びする。翌日、一郎は山猫を探しに山へ入る。 

深い榧(かや)の森の奥に広がる草地で、異様な風体の馬車別当と会い、はがきを書いたのは彼であることなど話すうちに山猫が登場し、どんぐりが集まってきて裁判が始まる。どんぐりたちは誰が一番偉いかという話題で争っており、めいめいが自分勝手な理由をつけて自分が偉いと主張するので、三日たっても決着がつかないという。

馬車別当は山猫に媚びるばかりで役に立たず、裁判長である山猫は「いいかげん仲直りしたらどうだ」と体面を保つばかりで、判決を下せないで困っている。一郎は山猫に、一番ばかでめちゃめちゃで、頭のつぶれたようなのが一番偉い、という法話を耳打ちし、知恵をつけて助けてやる。山猫が判決を下すと、一瞬にしてどんぐりたちの争いが解決し、どんぐりは一箇所に固まってしまう。山猫は一郎の知恵に感心し「名誉判事」という肩書きを与え、はがきの文面を「出頭すべし」と命令調に書き換える提案をして否定されてしまった。

山猫はよそよそしくなり、謝礼として、塩鮭の頭と黄金(きん)のどんぐりのどちらかを選ばせ、一郎が黄金のどんぐりを選ぶと白いきのこの馬車で家まで送ってくれる。黄金のどんぐりは色あせて茶色の普通のどんぐりとなり、そして二度と山猫からの手紙はこなくなってしまう。一郎は、「出頭すべし」と書いてもいいと言えばよかったとちょっと残念に思うのである。

 朗読&収録 MVStudio

Latest Episodes

どんぐりと山猫1

一郎 山猫の手紙を親に見せたり友達に相談したりせず、単身で裁判に出かけるなど、自立心が確立された少年である。年齢は明記されていないが、馬車別当へのお世辞から尋常小学校の三、四年生とわかる。道を尋ねたり、馬車別当や山猫との対応もしっかりしており、いざというときは大人から聞いた法話を思い出すなど、かなり利発で機転の利くことが分かる。また、馬車別当がはがきの文や字の下手なのを恥じると世辞を言って慰めるなど、相手を思いやることができ、大人としての分別はほぼそろっている。その一方、異様な手紙を怪しみもせず、無謀なことが大好きで、山猫たちと会話できるなど、野生児としての要素も失っていない。  山猫 陣羽織や裁判用の繻子の服など着込み、葉巻を吸うなど威風堂々としている。客人の一郎には紳士的だが、裁判官としては無能で、それを隠すために、体裁ばかり気にしており、手下やどんぐりには威張り散らす性格である。  馬車別当 山猫の手下。背が低く、片目で、見えない目は不気味で足も曲がって変形しており、半天姿で鞭を持っているという異様な風体の男である。性格は卑屈で山ねこに媚びるばかりで、はがきの書き方か...

12 MIN2017 SEP 29
Comments
どんぐりと山猫1

どんぐりと山猫2

一郎 山猫の手紙を親に見せたり友達に相談したりせず、単身で裁判に出かけるなど、自立心が確立された少年である。年齢は明記されていないが、馬車別当へのお世辞から尋常小学校の三、四年生とわかる。道を尋ねたり、馬車別当や山猫との対応もしっかりしており、いざというときは大人から聞いた法話を思い出すなど、かなり利発で機転の利くことが分かる。また、馬車別当がはがきの文や字の下手なのを恥じると世辞を言って慰めるなど、相手を思いやることができ、大人としての分別はほぼそろっている。その一方、異様な手紙を怪しみもせず、無謀なことが大好きで、山猫たちと会話できるなど、野生児としての要素も失っていない。  山猫 陣羽織や裁判用の繻子の服など着込み、葉巻を吸うなど威風堂々としている。客人の一郎には紳士的だが、裁判官としては無能で、それを隠すために、体裁ばかり気にしており、手下やどんぐりには威張り散らす性格である。  馬車別当 山猫の手下。背が低く、片目で、見えない目は不気味で足も曲がって変形しており、半天姿で鞭を持っているという異様な風体の男である。性格は卑屈で山ねこに媚びるばかりで、はがきの書き方か...

12 MIN2017 SEP 29
Comments
どんぐりと山猫2
the END

Latest Episodes

どんぐりと山猫1

一郎 山猫の手紙を親に見せたり友達に相談したりせず、単身で裁判に出かけるなど、自立心が確立された少年である。年齢は明記されていないが、馬車別当へのお世辞から尋常小学校の三、四年生とわかる。道を尋ねたり、馬車別当や山猫との対応もしっかりしており、いざというときは大人から聞いた法話を思い出すなど、かなり利発で機転の利くことが分かる。また、馬車別当がはがきの文や字の下手なのを恥じると世辞を言って慰めるなど、相手を思いやることができ、大人としての分別はほぼそろっている。その一方、異様な手紙を怪しみもせず、無謀なことが大好きで、山猫たちと会話できるなど、野生児としての要素も失っていない。  山猫 陣羽織や裁判用の繻子の服など着込み、葉巻を吸うなど威風堂々としている。客人の一郎には紳士的だが、裁判官としては無能で、それを隠すために、体裁ばかり気にしており、手下やどんぐりには威張り散らす性格である。  馬車別当 山猫の手下。背が低く、片目で、見えない目は不気味で足も曲がって変形しており、半天姿で鞭を持っているという異様な風体の男である。性格は卑屈で山ねこに媚びるばかりで、はがきの書き方か...

12 MIN2017 SEP 29
Comments
どんぐりと山猫1

どんぐりと山猫2

一郎 山猫の手紙を親に見せたり友達に相談したりせず、単身で裁判に出かけるなど、自立心が確立された少年である。年齢は明記されていないが、馬車別当へのお世辞から尋常小学校の三、四年生とわかる。道を尋ねたり、馬車別当や山猫との対応もしっかりしており、いざというときは大人から聞いた法話を思い出すなど、かなり利発で機転の利くことが分かる。また、馬車別当がはがきの文や字の下手なのを恥じると世辞を言って慰めるなど、相手を思いやることができ、大人としての分別はほぼそろっている。その一方、異様な手紙を怪しみもせず、無謀なことが大好きで、山猫たちと会話できるなど、野生児としての要素も失っていない。  山猫 陣羽織や裁判用の繻子の服など着込み、葉巻を吸うなど威風堂々としている。客人の一郎には紳士的だが、裁判官としては無能で、それを隠すために、体裁ばかり気にしており、手下やどんぐりには威張り散らす性格である。  馬車別当 山猫の手下。背が低く、片目で、見えない目は不気味で足も曲がって変形しており、半天姿で鞭を持っているという異様な風体の男である。性格は卑屈で山ねこに媚びるばかりで、はがきの書き方か...

12 MIN2017 SEP 29
Comments
どんぐりと山猫2
the END
hmly

Listen Now On Himalaya