title

永日小品(夏目漱石)

夏目漱石

77
Followers
577
Plays
0
Raised
永日小品(夏目漱石)
永日小品(夏目漱石)

永日小品(夏目漱石)

夏目漱石

77
Followers
577
Plays
0
Raised
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。うち14篇は東京朝日にも掲載された。

1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

Latest Episodes

泥棒

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

16 MIN2017 OCT 8
Comments
泥棒

山鳥

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

13 MIN2017 OCT 8
Comments
山鳥

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

8 MIN2017 OCT 8
Comments
柿

Latest Episodes

泥棒

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

16 MIN2017 OCT 8
Comments
泥棒

山鳥

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

13 MIN2017 OCT 8
Comments
山鳥

「永日小品」(えいじつしょうひん)は夏目漱石の小品である。 1909年(明治42年)1月、「元日」が朝日新聞に掲載され、1月14日より3月14日まで大阪朝日新聞に24篇が掲載された。 うち14篇は東京朝日にも掲載された。 1910年(明治43年)5月、「夢十夜」「満韓ところどころ」「文鳥」とともに春陽堂刊の『四篇』に収められ、出版された。日常に題材をとったものや、ロンドン留学時代に題材をとったさまざまな小品からなる。 長編『三四郎』の連載の後に『夢十夜』のような短いものの連作を求められて書いたものである。

8 MIN2017 OCT 8
Comments
柿
hmly

Listen Now On Himalaya