title

日本童話集

オーディオブック

207
Followers
1.8K
Plays
0
Raised
日本童話集
日本童話集

日本童話集

オーディオブック

207
Followers
1.8K
Plays
0
Raised
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

よだかの星(宮澤賢治 )

祭りの晩(宮澤賢治 )

手紙四(宮澤賢治 )

猫の事務所(宮澤賢治 )

おきなぐさ(宮澤賢治 )

「旅人のはなし」から(宮澤賢治 )

狼森と笊森、盗森(宮澤賢治 )

雪わたり(宮澤賢治 )

笑われた子(横光利一)

春坊(竹久夢二)

いちょうの実(宮澤賢治 )

めくらぶどうと虹(宮澤賢治 )

秋田街道(宮沢賢治)


宮沢 賢治

(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年8月27日 - 1933年9月21日)は、日本の詩人、童話作家。

仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行い、創作作品中に登場する架空の理想郷に、岩手をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。

生前彼の作品はほとんど一般には知られず無名に近かったが、没後草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。

そうした経緯もあって日本には広く愛好者がおり、出身地である岩手県花巻市は彼の故郷として有名である。


横光 利一

(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。

本名は横光利一(としかず)。菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として大正から昭和にかけて活躍した。

『日輪』と『蝿』で鮮烈なデビューを果たし、『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行った。

1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称された[5]。戦後は戦中の戦争協力を非難されるなか、『夜の靴』などを発表した。死後、再評価が進んだ。


竹久 夢二

(たけひさ ゆめじ、1884年(明治17年)9月16日 - 1934年(昭和9年)9月1日)は、日本の画家・詩人。本名は竹久 茂次郎(たけひさ もじろう)。

数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれた。大正ロマンを代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。

文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。

Latest Episodes

春坊(竹久夢二)

『春 坊』 女性画で親しまれている竹久夢二の童話を見つけ、一読した。 泣き虫な弟、春坊を書いた物語。姉の語りで書かれているその物語に出てくる母様(かあさま)は、なぜかとても艶っぽい。「まあ何だって、おまえはそんなにお泣きだえ」少し衿抜き気味に着物を着た上げ髪の女性を思い描いて読んでいると、母様と春坊の挿絵。母様は結い髪の上、ほずれ髪付きの大人の女性(かあさま)である。京都から来るおば様といい、いや、なんとも、岡山の造り酒屋に生まれ、豊かで温かい幼少時代を過ごした夢二と知ると頷ける。幼少の彼を取り巻いていたであろう風景が鮮やかだ。画は、初版本に載せられた夢二自身による挿絵(岩波文庫「日本児童文学名作集」より)。

9 MIN2017 OCT 1
Comments
春坊(竹久夢二)

笑われた子(横光利一)

横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。本名は横光利一(としかず)。 菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として大正から昭和にかけて活躍した。『日輪』と『蝿』で鮮烈なデビューを果たし、『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行った。 1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称された。 戦後は戦中の戦争協力を非難されるなか、『夜の靴』などを発表した。死後、再評価が進んだ。

13 MIN2017 OCT 1
Comments
笑われた子(横光利一)

おきなぐさ(宮澤賢治 )

15 MIN2017 OCT 1
Comments
おきなぐさ(宮澤賢治 )

Latest Episodes

春坊(竹久夢二)

『春 坊』 女性画で親しまれている竹久夢二の童話を見つけ、一読した。 泣き虫な弟、春坊を書いた物語。姉の語りで書かれているその物語に出てくる母様(かあさま)は、なぜかとても艶っぽい。「まあ何だって、おまえはそんなにお泣きだえ」少し衿抜き気味に着物を着た上げ髪の女性を思い描いて読んでいると、母様と春坊の挿絵。母様は結い髪の上、ほずれ髪付きの大人の女性(かあさま)である。京都から来るおば様といい、いや、なんとも、岡山の造り酒屋に生まれ、豊かで温かい幼少時代を過ごした夢二と知ると頷ける。幼少の彼を取り巻いていたであろう風景が鮮やかだ。画は、初版本に載せられた夢二自身による挿絵(岩波文庫「日本児童文学名作集」より)。

9 MIN2017 OCT 1
Comments
春坊(竹久夢二)

笑われた子(横光利一)

横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。本名は横光利一(としかず)。 菊池寛に師事し、川端康成と共に新感覚派として大正から昭和にかけて活躍した。『日輪』と『蝿』で鮮烈なデビューを果たし、『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行った。 1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称された。 戦後は戦中の戦争協力を非難されるなか、『夜の靴』などを発表した。死後、再評価が進んだ。

13 MIN2017 OCT 1
Comments
笑われた子(横光利一)

おきなぐさ(宮澤賢治 )

15 MIN2017 OCT 1
Comments
おきなぐさ(宮澤賢治 )
hmly

Listen Now On Himalaya