title

70年代クラブ

山崎潤一郎

3
Followers
29
Plays
70年代クラブ
70年代クラブ

70年代クラブ

山崎潤一郎

3
Followers
29
Plays
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

70年代クラブ

Latest Episodes

エリック・クラプトンと私〜ロック系洋書の翻訳家、前むつみさんを迎えて

約3年ぶりの更新は、主に音楽分野の翻訳と通訳でご活躍中の前むつみさんをお迎えして5回連続でお届けします。第1回目は、エリック・クラプトンのお話です。前むつみさんは、「エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982」「

-1 s2018 JAN 1
Comments
エリック・クラプトンと私〜ロック系洋書の翻訳家、前むつみさんを迎えて

「ジャクソン・ブラウン」という存在は何を教えてくれるのか〜通訳の前むつみさんを迎えて

「現代の吟遊詩人」などと呼ばれるジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)について語っています。なぜ彼は、歳を重ねてもなお多くのファンを魅了するのでしょうか? ただ、昨今のライブの感想として、ちょっとだけ残念な

-1 s2018 JAN 1
Comments
「ジャクソン・ブラウン」という存在は何を教えてくれるのか〜通訳の前むつみさんを迎えて

北アイルランド紛争が生んだ英雄、ロリー・ギャラガーという存在〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

ロリー・ギャラガーというギタリストがいました。「ライヴ・イン・アイルランド – Irish Tour’74」という名盤があります。高校生の頃、レコードの溝が擦り切れてなくなってしまうのではないかと

-1 s2018 JAN 1
Comments
北アイルランド紛争が生んだ英雄、ロリー・ギャラガーという存在〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

2つのウイッシュボーン・アッシュ、ホンモノはどっち?〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

70年代ブリティッシュ・ロックの人気バンド、ウイッシュボーン・アッシュについて熱く語っています。Andy PowellのWishbone AshとMartin Turner’s Wishbone Ashのライ

-1 s2018 JAN 1
Comments
2つのウイッシュボーン・アッシュ、ホンモノはどっち?〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

有名ロックアーティストの通訳・翻訳というお仕事〜前むつみさんを迎えて

約3年ぶりの更新は、主に音楽分野の翻訳と通訳で活躍中の前むつみさんをお迎えして5回分の配信を一気に公開します。この回では、通訳・翻訳というお仕事に就いた経緯や、70年代の外国人アーティストのファンクラブの運営の舞台裏など

-1 s2018 JAN 1
Comments
有名ロックアーティストの通訳・翻訳というお仕事〜前むつみさんを迎えて

あの頃日本は狂っていた。バブル時代の玉置浩二的肩パットと刈り上げ君たち【ゲストに新井秀徳さん】

なぜか80年代後半のバブル時代の話で盛り上がりました。ジュリアナ、刈り上げ、アルマーニのだぶだぶスーツ、ほいちょい、ホットドッグプレス…。でも、我々(山崎、さなえさん、新井さん)はそういうバブリーな文化とは無

-1 s2015 JAN 24
Comments
あの頃日本は狂っていた。バブル時代の玉置浩二的肩パットと刈り上げ君たち【ゲストに新井秀徳さん】

70年代のカリフォルニア野郎達のアイドル、ジャクソン・ブラウンのライブの思い出

今回は山崎が敬愛してやまないアーティストであるジャクソン・ブラウン(JB)のライブの思い出を1人でオシャベリしたいと思います。 山崎は、プログレ好きを公言しているわけですが、実は一番たくさん聞いている音楽は、JBとかリト

-1 s2015 JAN 11
Comments
70年代のカリフォルニア野郎達のアイドル、ジャクソン・ブラウンのライブの思い出

クイーン、キッスは軟弱だ!ロック体験話炸裂〜ゲストに有馬知章さん Part2

ELP、クイーン、エリック・クラプトン、キッスの話から始まり、ロック史におけるマリファナとコカインの影響、最後には、フェンダーのストラトキャスターなど楽器の話題やエレキの若大将にまで話しがおよびます。*一部訂正があります

-1 s2014 DEC 14
Comments
クイーン、キッスは軟弱だ!ロック体験話炸裂〜ゲストに有馬知章さん Part2

YMOの機材の話や「トキオー」のボコーダーサウンドの秘密〜ゲストに有馬知章さん

70年代クラブの第7回は、有馬知章さんをゲストにお迎えして、70年代のアナログシンセサイザーの話で盛り上がっています。有馬さんは、松武秀樹さんのアシスタントとして、YMOのマニピュレーションのお仕事をしていたので、YMO

22 MIN2014 NOV 30
Comments
YMOの機材の話や「トキオー」のボコーダーサウンドの秘密〜ゲストに有馬知章さん

極寒の中で死ぬかと思った『キタキツネ物語』の仕事〜ゲストに新井秀徳さん

70年代クラブの第6回は、前回に続きゲストに新井秀徳さんを迎えてお話をお聞きしました。サウンドエフェクトデザイナーの新井さんの録音の初仕事は、1978年の『キタキツネ物語』です。流氷の割れ目にはまって死にそうになった話や

28 MIN2014 NOV 23
Comments
極寒の中で死ぬかと思った『キタキツネ物語』の仕事〜ゲストに新井秀徳さん
the END

Latest Episodes

エリック・クラプトンと私〜ロック系洋書の翻訳家、前むつみさんを迎えて

約3年ぶりの更新は、主に音楽分野の翻訳と通訳でご活躍中の前むつみさんをお迎えして5回連続でお届けします。第1回目は、エリック・クラプトンのお話です。前むつみさんは、「エリック・クラプトン全活動記録 1963-1982」「

-1 s2018 JAN 1
Comments
エリック・クラプトンと私〜ロック系洋書の翻訳家、前むつみさんを迎えて

「ジャクソン・ブラウン」という存在は何を教えてくれるのか〜通訳の前むつみさんを迎えて

「現代の吟遊詩人」などと呼ばれるジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)について語っています。なぜ彼は、歳を重ねてもなお多くのファンを魅了するのでしょうか? ただ、昨今のライブの感想として、ちょっとだけ残念な

-1 s2018 JAN 1
Comments
「ジャクソン・ブラウン」という存在は何を教えてくれるのか〜通訳の前むつみさんを迎えて

北アイルランド紛争が生んだ英雄、ロリー・ギャラガーという存在〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

ロリー・ギャラガーというギタリストがいました。「ライヴ・イン・アイルランド – Irish Tour’74」という名盤があります。高校生の頃、レコードの溝が擦り切れてなくなってしまうのではないかと

-1 s2018 JAN 1
Comments
北アイルランド紛争が生んだ英雄、ロリー・ギャラガーという存在〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

2つのウイッシュボーン・アッシュ、ホンモノはどっち?〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

70年代ブリティッシュ・ロックの人気バンド、ウイッシュボーン・アッシュについて熱く語っています。Andy PowellのWishbone AshとMartin Turner’s Wishbone Ashのライ

-1 s2018 JAN 1
Comments
2つのウイッシュボーン・アッシュ、ホンモノはどっち?〜翻訳家、前むつみさんを迎えて

有名ロックアーティストの通訳・翻訳というお仕事〜前むつみさんを迎えて

約3年ぶりの更新は、主に音楽分野の翻訳と通訳で活躍中の前むつみさんをお迎えして5回分の配信を一気に公開します。この回では、通訳・翻訳というお仕事に就いた経緯や、70年代の外国人アーティストのファンクラブの運営の舞台裏など

-1 s2018 JAN 1
Comments
有名ロックアーティストの通訳・翻訳というお仕事〜前むつみさんを迎えて

あの頃日本は狂っていた。バブル時代の玉置浩二的肩パットと刈り上げ君たち【ゲストに新井秀徳さん】

なぜか80年代後半のバブル時代の話で盛り上がりました。ジュリアナ、刈り上げ、アルマーニのだぶだぶスーツ、ほいちょい、ホットドッグプレス…。でも、我々(山崎、さなえさん、新井さん)はそういうバブリーな文化とは無

-1 s2015 JAN 24
Comments
あの頃日本は狂っていた。バブル時代の玉置浩二的肩パットと刈り上げ君たち【ゲストに新井秀徳さん】

70年代のカリフォルニア野郎達のアイドル、ジャクソン・ブラウンのライブの思い出

今回は山崎が敬愛してやまないアーティストであるジャクソン・ブラウン(JB)のライブの思い出を1人でオシャベリしたいと思います。 山崎は、プログレ好きを公言しているわけですが、実は一番たくさん聞いている音楽は、JBとかリト

-1 s2015 JAN 11
Comments
70年代のカリフォルニア野郎達のアイドル、ジャクソン・ブラウンのライブの思い出

クイーン、キッスは軟弱だ!ロック体験話炸裂〜ゲストに有馬知章さん Part2

ELP、クイーン、エリック・クラプトン、キッスの話から始まり、ロック史におけるマリファナとコカインの影響、最後には、フェンダーのストラトキャスターなど楽器の話題やエレキの若大将にまで話しがおよびます。*一部訂正があります

-1 s2014 DEC 14
Comments
クイーン、キッスは軟弱だ!ロック体験話炸裂〜ゲストに有馬知章さん Part2

YMOの機材の話や「トキオー」のボコーダーサウンドの秘密〜ゲストに有馬知章さん

70年代クラブの第7回は、有馬知章さんをゲストにお迎えして、70年代のアナログシンセサイザーの話で盛り上がっています。有馬さんは、松武秀樹さんのアシスタントとして、YMOのマニピュレーションのお仕事をしていたので、YMO

22 MIN2014 NOV 30
Comments
YMOの機材の話や「トキオー」のボコーダーサウンドの秘密〜ゲストに有馬知章さん

極寒の中で死ぬかと思った『キタキツネ物語』の仕事〜ゲストに新井秀徳さん

70年代クラブの第6回は、前回に続きゲストに新井秀徳さんを迎えてお話をお聞きしました。サウンドエフェクトデザイナーの新井さんの録音の初仕事は、1978年の『キタキツネ物語』です。流氷の割れ目にはまって死にそうになった話や

28 MIN2014 NOV 23
Comments
極寒の中で死ぬかと思った『キタキツネ物語』の仕事〜ゲストに新井秀徳さん
the END