title

心がほっとするほとけさまの話 | 岡本一志

367
Followers
5.7K
Plays
0
Raised
心がほっとするほとけさまの話 | 岡本一志

心がほっとするほとけさまの話 | 岡本一志

岡本 一志

367
Followers
5.7K
Plays
0
Raised
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

毎日いろいろなことがあります。
仕事、生活、人づきあい。自分のこと、家庭のこと、将来のことなど、みんな思い通りにいけばいいけれど、なかなかそうはいきません。

そんな私たちの悩みや心の問題に、そっと答えてくれるのが、ほとけさまの教え 仏教です。

ほとけさまのお悩み相談室に来た気持ちで安心して聞いてください。


【岡本一志(おかもとかずし) プロフィール】
一般社団法人 全国仏教カウンセリング協会代表昭和51年、愛媛県生まれ東京大学理学部数学科中退全国各地で年間120回以上の勉強会、講演会を開催している。

人間関係や仕事、恋愛、家庭の問題など、様々な悩みごとの相談に乗り、仏教の教えに基づいたアドバイスをしている。

著書に「幸せのタネをまくと幸せの花が咲く1,2」(一万年堂出版)「心がほっとするほとけさまの50の話」(三笠書房)があり、累計30万部のベストセラーになっている。

お問い合わせはこちらのメールフォームよりお送りください。
(お問い合わせフォーム)
http://www.radicro.com/okamonn/contact/

(WEBサイト) 
●心がほっとするほとけさまの話
http://www.radicro.com/okamonn/

●ほとけさまのお悩み相談室
一般社団法人全国仏教カウンセリング協会
https://www.hotokesama.net/

Latest Episodes

Vol.37:嫌な人がいてもみなしばらくの縁、やがてこの世からいなくなります。

相手を責めて傷つける人も、責められて傷つけられる人も、やがてこの世を去っていかねばなりません。怒りで大切な命を使うのはもったいないとおもいませんか?●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

3 MIN6 days ago
Comments
Vol.37:嫌な人がいてもみなしばらくの縁、やがてこの世からいなくなります。

Vol.36:相手がゆるせず苦しい時は・・親鸞、歎異抄の言葉

相手の言動を受け入れがたい時があります。 どうしてこの人はこんなことをいうのだろうかと苦しむことがあります。 その時どうしたらいいのでしょうか? ●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

6 MIN1 weeks ago
Comments
Vol.36:相手がゆるせず苦しい時は・・親鸞、歎異抄の言葉

Vol.35:正義ほどおそろしいものはありません

腹が立つときは、自分が正しく、相手が悪いと思ってしまうものです。ところが、自分が正しい、相手が悪いと思うと、相手は加害者、自分は被害者となってしまいます。すると、相手にされたことに目が行き、ますます、憎しみや怒りが深まっていくのです。●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

5 MIN3 weeks ago
Comments
Vol.35:正義ほどおそろしいものはありません

Latest Episodes

Vol.37:嫌な人がいてもみなしばらくの縁、やがてこの世からいなくなります。

相手を責めて傷つける人も、責められて傷つけられる人も、やがてこの世を去っていかねばなりません。怒りで大切な命を使うのはもったいないとおもいませんか?●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

3 MIN6 days ago
Comments
Vol.37:嫌な人がいてもみなしばらくの縁、やがてこの世からいなくなります。

Vol.36:相手がゆるせず苦しい時は・・親鸞、歎異抄の言葉

相手の言動を受け入れがたい時があります。 どうしてこの人はこんなことをいうのだろうかと苦しむことがあります。 その時どうしたらいいのでしょうか? ●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

6 MIN1 weeks ago
Comments
Vol.36:相手がゆるせず苦しい時は・・親鸞、歎異抄の言葉

Vol.35:正義ほどおそろしいものはありません

腹が立つときは、自分が正しく、相手が悪いと思ってしまうものです。ところが、自分が正しい、相手が悪いと思うと、相手は加害者、自分は被害者となってしまいます。すると、相手にされたことに目が行き、ますます、憎しみや怒りが深まっていくのです。●ほとけさまのお悩み相談室一般社団法人全国仏教カウンセリング協会https://www.hotokesama.net/

5 MIN3 weeks ago
Comments
Vol.35:正義ほどおそろしいものはありません
hmly

Listen Now On Himalaya