Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

東洋経済メーリングブック『ファーウェイの真実 Inside the Black Box』

東洋経済新報社

47
Followers
251
Plays
東洋経済メーリングブック『ファーウェイの真実 Inside the Black Box』

東洋経済メーリングブック『ファーウェイの真実 Inside the Black Box』

東洋経済新報社

47
Followers
251
Plays
$3.99/Lifetime

Member Benefits

Exclusive Episodes
Member Community

定価980円のところ、himalayaオーディオブックなら図表入りテキストPDFもついて半額の490円でお楽しみいただけます。

Become a Member
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

すべてを呑み込む巨大企業
ファーウェイは何者なのか

米中貿易摩擦が深刻化する中で、米司法省が中国のハイテクガリバー、ファーウェイ・テクノロジーズを不正輸出や企業秘密窃取などで提訴した。この先も事態のさらなる混迷は必至だ。米国があらゆる手段でファーウェイを追い込むのには、理由がある。サイバースパイ疑惑がささやかれるが、真因はそれじゃない。2019年世界経済の最大の火種をめぐる、深層をリポートする。(ナレーション:レイチェル・チャン)


▽東洋経済メーリングブック『ファーウェイの真実 Inside the Black Box』

https://book.toyokeizai.net/mailingbook/huawei/

Member Benefits

▽エピソード総数

6章立て、全36エピソード


▽チャンネル内容

【第1章】消えたトップ対談 記者はなぜ巨大企業に疑問を持ったか

【第2章】米国が狙うのはこれだ ファーウェイのアキレス腱

【第3章】創業者が語らなかった共産党との「危うい」関係

【第4章】日本が知るべきファーウェイの本当の脅威

【第5章】キーマン激白 ファーウェイが半導体を呑み込む日

【第6章】元従業員が暴露した「公序に反する」知財契約


▽東洋経済メーリングブック3つの特徴

1.東洋経済記者が独占取材したリポートを書籍の品質で読者の皆さまにお届けします。

2.スキマ時間でもお楽しみいただけるように、1章ごとに構成しています。

3.インフォグラフィックを活用した図表を含むPDFを同時提供。より内容の理解を深められます。

success toast
Welcome to Himalaya LearningClick below to download our app for better listening experience.Download App