Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

1%の情熱ものがたり(海外在住日本人の情熱インタビュー)by Mitsu Itakura / ゼロハチロック

Zero-Hachi Rock

11
Followers
38
Plays
1%の情熱ものがたり(海外在住日本人の情熱インタビュー)by Mitsu Itakura / ゼロハチロック

1%の情熱ものがたり(海外在住日本人の情熱インタビュー)by Mitsu Itakura / ゼロハチロック

Zero-Hachi Rock

11
Followers
38
Plays
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

海外に住んでいる日本人は、日本人総数のわずかに1%だけ!海外進出を果たしたビジネスオーナーや経営者、世界で活躍するプロフェッショナル、日本の未来を背負うグローバル基準の日本人たちの情熱に迫ります!ロサンゼルスのビジネス支援・コンサルティング会社、ゼロハチロック/ Zero-Hachi Rock, Inc. 代表:Mitsu Itakuraによる海外在住日本人インタビュー

Latest Episodes

Vol.131: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 3/4

何かと忙しい日々ではありますが、4月に植えたレモンの種がだんだん葉っぱを茂らせて育つ姿を眺めては癒されている今日この頃な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、33人目のインタビュー。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回のエピソードでは、雄宇さん仕事に関してのお話を掘り下げています。「人類の中で一番最初」「キーボードの文字盤にもしFがなかったら?」「サンプルサイズは大きい方がいい」などなど、うーん納得!な話が盛り沢山です。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.131 ・人類の中で一番最初に惑星を目にしている ・惑星に着くこと自体が重要 ・縁の下の力持ち、やりがいのあるミッション ・宇宙のこと考えてると悩まない ・こんな大きな宇宙の中で自分が関われてる喜び ・仕事哲学は、楽しむことと好奇心 ・好きで継続することで大成する ・存在している全ては誰かのパッションと意味がある ・他の人の仕事を理解することも好奇心 ・人間関係には問題が発生する ・留学した経験が自分の幅を広げた ・サンプルサイズが大きくないとダメ ・いろんな種類の人間や知識に触れる ・新しい人に会うことを努力する ・知りたい欲望は無くならない ・純粋に楽しいから働いてる ・仕事があるってことは価値がある 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・TikTok騒動に見る米中関係 *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

54 min3 d ago
Comments
Vol.131: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 3/4

Vol.130: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 2/4

最近、雄宇さんのインタビューの影響を受けてか、宇宙のことをもっと知りたいなぁと思い夜な夜なYoutubeを見ては、宇宙の可能性に感動している板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、33人目のインタビュー。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回のエピソードでは、雄宇さんの子供の頃の夢や勉強に対する興味深い視点。高校生の時に感じた、火星ローバーミッションとの衝撃的な出会いのお話。そしてアメリカに渡り、今のポジションにつくまでの道のりを語っていただいてます。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.130 ・東京都東久留米市出身 ・4歳〜12歳までシンガポール ・日本人学校に通う ・普通に日本語で生活をしていた ・夢はサッカー選手だった ・勉強も嫌いじゃなかった ・国語や社会は理論がなく好きじゃなかった ・何が分かんないかが分かんない ・高校2年、火星ローバー打ち上げ&着陸映像に衝撃 ・大の大人が泣いて喜んでいること ・全ての技術や叡智の集大成 ・数学、物理、化学、生物、経済、全部入ってる ・大学でアメリカに留学 ・インターンができない!?自由な国じゃない! ・博士課程を経たらインターンができる ・数学のレベルは日本の方が高い ・学生生活は友達にも恵まれて楽しかった ・大学院はお金もらえて割と自由に過ごせた ・天才的に頭がいい人がいる ・勉強ができるだけじゃなく人間力がある研究者 ・研究発表で気に入ってもらえてJPLにスカウトされる ・JPLのスポンサーでグリーンカード ・挫折は諦めること。チャンレンジすれば挫折じゃ無い ・自分に負けると後悔する 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・コロナで美容整形が増えている!? *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

63 min1 w ago
Comments
Vol.130: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 2/4

Vol.129: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 1/4

何かとお騒がせなアメリカ大統領を見ていると、どんな生き方をしてもきっと大丈夫なんだよって逆に安心してしまうという面白くも複雑な気分になる板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」33人目のインタビュー、最初のエピソード。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回は、ロサンゼルスとコロラド・ボルダーをZOOMで繋いだ対談インタビューです。ナビゲーションエンジニアの仕事とは?地球から飛ばした衛星が、5年以上の期間をかけてようやく到達する木星ミッションの壮大なお話しや、仕事現場のリアルな状況などを伺っています。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 1/4 Vol.129 ・NASA / JPLで働く日本人 ・ナビゲーションエンジニアとは? ・現在地が分かるのがGPS ・衛星の軌道を計算し運用する ・持久力があるイオンエンジン ・フライバイという技を使う ・ロケットが地球の外まで衛星を届ける ・惑星の引力の計算がメインになる ・火星は半年〜数ヶ月でつく ・木星は地球と太陽の距離の5倍程 ・準惑星ミッションDawn ・木星ミッションJuno ・小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx ・エウロパ着陸機Europa Lander ・予想と違う現実の数字を見ながら調整する ・割と地味な仕事風景 ・コロラドのボールダーでリモートワーク ・JPLの本拠地はカリフォルニアのパサデナ市 ・今フォーカスしてるのは野球 ・常に新しいことにチャレンジ ・毎週のように人に会って学ぶ ・NPRのサイトでニュース ・クラシックな小説を読んだりしている 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・アメリカのトランスジェンダー事情 *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

69 min2 w ago
Comments
Vol.129: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 1/4

Vol.128: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 4/4

人間の慣れる力ってすごいなぁと思いつつもちょっと怖いなぁと、当たり前のようにマスクをして歩いているアメリカ人を見て思う今日この頃な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」32人目のインタビュー最終回。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 勢子さんとお話ししながら子供の頃のことを思い出し、自然とか自由な気持ちって普通の生活の中にたくさん溢れていたんだなぁって思いました。そしてそれがこんなにも贅沢で豊かなことだと大人になって気づくんだなって。「これが自分だ」って思えることを大切に、ありのままでいいんだと勇気をもらえる言葉たちがたくさんです。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 4/4 Vol.128 ・無理をしないで暮らしを楽しめること ・ありのままの自分でいいんだよ ・自分がこれでいいんだなって思える幸せ ・自由である分、責任もある ・継続することを意識して継続する ・飽きっぽいし好奇心旺盛 ・田舎のおばあちゃんになる目標 ・子供と一緒に絵本を描きたい ・菌の世界って楽しいんだよ ・子供の視点、子供にしか見えないもの ・固定観念なしのセンス ・花の蜜を吸ってた思い出 ・カブトムシの匂い ・子供の頃の思い出たち ・変態上等 ・自分が打ち込めるものを大切に ・変態は褒め言葉 ・ユニークな人間になること ・自分の自信になっていく ・生き方が変わっていく時代 ・これが自分だって思えること ・見えないところが重要になる? ・オカンのおにぎり 収録場所:ロサンゼルス @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・結婚式もドライブスルー!? *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 小田島 勢子 / Seiko Odashima 醸せ師、ナチュラリスト Rustic Farm https://www.instagram.com/rustic_farm_california ロサンゼルスの片田舎で夫と三人娘、豚、鶏、犬たちとともに自然と共に生活を送るお母さん。縁ありアメリカで生活する中で、食や環境の大切さを感じ、はぐくみ、共に生き、造り出すことが暮らしのスタンスになりました。 できることからコツコツと、小さな庭で野菜やハーブを育てたり、味噌や醤油、お酢やみりんなどの調味料を手作りしたり、スローな生き方を楽しんでいます。 趣味の傍らで、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップ、コラムニスト(hint-pot.jp)、腸内フローラケータリング、アスリートニュートリショナルスペシャリストとして活動をしています。理想の姿は田舎のおばあちゃんです。

59 min3 w ago
Comments
Vol.128: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 4/4

Vol.127: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 3/4

先週配信のリアルアメリカ情報で話題にあがったアメリカ政府によるTikTokへの対応。ついに9月20日、App Storeから消えるようで「まじなんだ!?」な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、32人目のインタビュー。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 初めはワークショップをオンラインで行うことに抵抗があったという勢子さん。でも始めてみたら、やっぱりオンラインにはオンラインの良さがあるんですね〜とお話してくれました。全ては善悪ではなく、相互作用によって成り立っている。家族や会社、この世界もきっと不要なものなど無いのかもしれませんね。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.127 ・ 仕事と生活は自分の中できっちり分ける ・誰かのためになっていると感じる時 ・ハーブでつくるクラフトジン ・ぬか漬け、紅茶キノコ ・理科の実験室のようなキッチン ・オンラインでのワ...

57 minSEP 19
Comments
Vol.127: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 3/4

Vol.126: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 2/4

カリフォルニアが燃えている。特に北のサンフランシスコ近辺は、朝なのに夕焼けのようなオレンジ色の空。平穏無事な生活に改めて感謝せねばと思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、32人目のインタビュー。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 大分県で海の近くの家に生まれ、11羽の鶏たちとの暮らしを通して感じていたこと、そして今振り返って改めて感じること。旦那さんとの出会いや家族との暮らし。動物も人間も心も、時間をかけて育まれていくものなんだなぁとなぜか微笑ましい気持ちにさせてくれる勢子さんのお話。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.126 ・大分県出身、海の近くの家 ・鶏と一緒に遊んだ子供時代 ・笑っていいとも!が夕方4時!? ・子供の頃の夢は花屋とお嫁さん ・両親が共働きだったこと ・子供の側にいてあげられる生活 ・旦那様との結婚が人生の転機 ・...

54 minSEP 12
Comments
Vol.126: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 2/4

Vol.125: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 1/4

なんやかんやと忙しく、もう金曜日か!と思えるのもありがたい。異常に暑くなりそうなLAのこの週末、嬉しいようなちょっと怖いような。板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」32人目のインタビュー、最初のエピソード。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 素朴な暮らし。そこにはきっと昔からのたくさんの人たちの知恵があり、長い間使われて熟れてきた心地よさがあり、調和のとれた空間で醸し出される豊かさがあるんでしょう。子育てを通して一緒に育まれているという、勢子さんの食や発酵や微生物のお話たち。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 1/4 Vol.125 ・Rustic Farmとは ・ロサンゼルス近郊の田舎の家 ・醸せ師:発酵食品を扱う人 ・食に関してのセミナー、ワークショップ ・アスリートや俳優さん向けに食のアドバイザー ・根本的な部分からの体の健康 ・暮らしを楽しむためのライフスタイルコーディ...

66 minSEP 5
Comments
Vol.125: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 1/4

Vol.124: 新井 仁(President / COO) 4/4

やっぱり地球がおかしい!?毎週サーフィンで海に入っていますが、海水温の変動がやばいです。先週は海パン(約26℃)で、今週はフルスーツ(約16℃)な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」31人目のインタビュー最終回。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 いや〜、話を聞けば聞くほど本当に多才で思慮深く万能な人という印象で、まさにスーパー ”マリオ” のニックネームがしっくり来ます!お話いただく内容も整然と要点がまとまっていて聞く側に入りやすい。僕も番組ホストとして、お話する技術を磨く努力をしようと真剣に思うのでした。笑 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 4/4 Vol.124 ・未来の可能性を感じながら生きる幸せ ・好奇心を持ち続けること ・中国語の勉強を始めた ・次に学ぶものは何かなと常に考える ・好奇心を持って新しいこと ・日本発で世界に通用する消費者ブランド ・テクノロジーを味方につけ世界で通用するブランドへ ・未来が楽しみなJINS MEME ・自分が外にでて感じたこと ・外から見る日本の良さ悪さ ・怖がることが一番勿体無い ・移動することでコンフォートゾーンを ・怖がってる分だけ損しちゃうよ ・チャンスを見逃すことがリスク ・やってみてダメでもやり直せる 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ・最近の買い物事情 inアメリカ *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

48 minAUG 29
Comments
Vol.124: 新井 仁(President / COO) 4/4

Vol.123: 新井 仁(President / COO) 3/4

カリフォルニアの夏の風物詩となってしまっている山火事。まだ一難去っていないこの状況で来たまた一難。みなさま、無事でありますようにと願う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、31人目のインタビュー。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 今までのエピソードから、誰よりも真剣に本気で仕事に向き合っている印象を受けるマリオさんの仕事哲学とは?!組織運営を円滑に行うためにプロアクティブなスタッフとのコミュニケーションを意識。問題が起きてからではなく問題を未然に防ぐという考え方など、経営視点での気づきをたくさんいただけました。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.123 ・お客さんが笑顔でありがとうと言ってくれる時 ・フィードバックを受け取る ・アンケートは定常的に走らせる ・相手の満足してもらった対価 ・仕事哲学「テクノロジーってすげー!」 ・テクノロジーによってできること、良い面悪い面 ・Youtube, 任天堂スイッチ、スクラッチ ・組織運営で難しいこと ・スタッフとのコミュニケーションの大切さ ・プロアクティブに積極的に会話をする ・インターネットが見せてくれる無限の可能性 ・攻殻機動隊の世界が現実になりつつあ 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ★プレミアムスポンサー:ゲストスピーカー SKYUS 折原ヒロさん 1、今のアメリカの状況(Fビザ、Jビザ、OPT) 2、アメリカ在住の学生向けに(インターンの方法など) 3、日本在住で留学やインターンを考えてる方向け(今後の見通し、今やるべきことなど) SKYUSは世界6カ国11都市に拠点をおく、グローバルエデュケーションブランドです。海外留学、スタディツアー、海外インターンシップ、ジュニアキャンプ、オンラインプログラムなど、”グローバルへのきっかけ” を作る多彩な教育プログラム・サービスを展開しています。https://www.skyus.global/ja/ *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

59 minAUG 22
Comments
Vol.123: 新井 仁(President / COO) 3/4

Vol.122: 新井 仁(President / COO) 2/4

日本はお盆ですね。ここロサンゼルスも急に猛暑、やっと夏が来たかという感じです。とにかく早く海に入りたい金曜日の板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、31人目のインタビュー。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 子供の頃の夢はパイロット。オーケストラに感動し手にしたのはバイオリン。高校で興味を持ったプログラミング。そして、世界を変えるかもしれないと感じたテクノロジーの力。純粋な好奇心がきっと幅広い人生を創っていく源泉になるんだと感じたお話でした。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.122 ・横浜出身、24歳まで ・成績は割と普通、ソフトボールをやってた ・お父さんの影響で空に対する憧れ ・パイロットになるのが夢だった ・ドラクエの音楽が好きでCDを買った ・オーケストラに衝撃を受けた ・クラシック音楽に興味を持った ・バイオリンで情熱大陸テーマ曲のカバー ・渡米の時に手荷物で持ってたのはバイオリン ・慶応大学、湘南藤沢キャンパス ・専攻は総合政策、政治、経済、社会全般を学ぶ ・オープンな環境でいろんなことに触れた ・大学4年でコンピュータに出会う ・高校の特にプログラミングに興味を持った ・視力が悪かったのでパイロットは諦め ・学生の頃、会社の経営者になりたいと思った ・世界で活躍するプロ、ビジネスのプロは経営者 ・コンサルティング業界でいろんな業種 ・ITコンサルを選択し就職 ・小売、銀行、ゲーム業界まで幅広く携わる ・10年で5回の転職、キャリアアップ ・US進出に抜擢された切っ掛け ・小売業回のアメリカ進出はニューヨークが一般的 ・革新的なブランドイメージとしてサンフランシスコを選択 ・州によっても考え方が違う本当に広いアメリカ 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ・なぜアメリカは新型コロナの感染者数が異常に多いのか *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

57 minAUG 15
Comments
Vol.122: 新井 仁(President / COO) 2/4

Latest Episodes

Vol.131: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 3/4

何かと忙しい日々ではありますが、4月に植えたレモンの種がだんだん葉っぱを茂らせて育つ姿を眺めては癒されている今日この頃な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、33人目のインタビュー。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回のエピソードでは、雄宇さん仕事に関してのお話を掘り下げています。「人類の中で一番最初」「キーボードの文字盤にもしFがなかったら?」「サンプルサイズは大きい方がいい」などなど、うーん納得!な話が盛り沢山です。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.131 ・人類の中で一番最初に惑星を目にしている ・惑星に着くこと自体が重要 ・縁の下の力持ち、やりがいのあるミッション ・宇宙のこと考えてると悩まない ・こんな大きな宇宙の中で自分が関われてる喜び ・仕事哲学は、楽しむことと好奇心 ・好きで継続することで大成する ・存在している全ては誰かのパッションと意味がある ・他の人の仕事を理解することも好奇心 ・人間関係には問題が発生する ・留学した経験が自分の幅を広げた ・サンプルサイズが大きくないとダメ ・いろんな種類の人間や知識に触れる ・新しい人に会うことを努力する ・知りたい欲望は無くならない ・純粋に楽しいから働いてる ・仕事があるってことは価値がある 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・TikTok騒動に見る米中関係 *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

54 min3 d ago
Comments
Vol.131: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 3/4

Vol.130: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 2/4

最近、雄宇さんのインタビューの影響を受けてか、宇宙のことをもっと知りたいなぁと思い夜な夜なYoutubeを見ては、宇宙の可能性に感動している板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、33人目のインタビュー。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回のエピソードでは、雄宇さんの子供の頃の夢や勉強に対する興味深い視点。高校生の時に感じた、火星ローバーミッションとの衝撃的な出会いのお話。そしてアメリカに渡り、今のポジションにつくまでの道のりを語っていただいてます。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.130 ・東京都東久留米市出身 ・4歳〜12歳までシンガポール ・日本人学校に通う ・普通に日本語で生活をしていた ・夢はサッカー選手だった ・勉強も嫌いじゃなかった ・国語や社会は理論がなく好きじゃなかった ・何が分かんないかが分かんない ・高校2年、火星ローバー打ち上げ&着陸映像に衝撃 ・大の大人が泣いて喜んでいること ・全ての技術や叡智の集大成 ・数学、物理、化学、生物、経済、全部入ってる ・大学でアメリカに留学 ・インターンができない!?自由な国じゃない! ・博士課程を経たらインターンができる ・数学のレベルは日本の方が高い ・学生生活は友達にも恵まれて楽しかった ・大学院はお金もらえて割と自由に過ごせた ・天才的に頭がいい人がいる ・勉強ができるだけじゃなく人間力がある研究者 ・研究発表で気に入ってもらえてJPLにスカウトされる ・JPLのスポンサーでグリーンカード ・挫折は諦めること。チャンレンジすれば挫折じゃ無い ・自分に負けると後悔する 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・コロナで美容整形が増えている!? *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

63 min1 w ago
Comments
Vol.130: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 2/4

Vol.129: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 1/4

何かとお騒がせなアメリカ大統領を見ていると、どんな生き方をしてもきっと大丈夫なんだよって逆に安心してしまうという面白くも複雑な気分になる板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」33人目のインタビュー、最初のエピソード。高校二年生の時、NASA / JPLの火星ローバーミッションにより感じた衝撃と衝動が、憧れとなり今も変わらず人生の推進力となっているという雄宇さん。日本からアメリカに渡り、外国人というハードルを越えて手に入れたポジション。その情熱が少しでも多くの人に届け!と心底思う、そんなものがたりです。 今回は、ロサンゼルスとコロラド・ボルダーをZOOMで繋いだ対談インタビューです。ナビゲーションエンジニアの仕事とは?地球から飛ばした衛星が、5年以上の期間をかけてようやく到達する木星ミッションの壮大なお話しや、仕事現場のリアルな状況などを伺っています。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 1/4 Vol.129 ・NASA / JPLで働く日本人 ・ナビゲーションエンジニアとは? ・現在地が分かるのがGPS ・衛星の軌道を計算し運用する ・持久力があるイオンエンジン ・フライバイという技を使う ・ロケットが地球の外まで衛星を届ける ・惑星の引力の計算がメインになる ・火星は半年〜数ヶ月でつく ・木星は地球と太陽の距離の5倍程 ・準惑星ミッションDawn ・木星ミッションJuno ・小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx ・エウロパ着陸機Europa Lander ・予想と違う現実の数字を見ながら調整する ・割と地味な仕事風景 ・コロラドのボールダーでリモートワーク ・JPLの本拠地はカリフォルニアのパサデナ市 ・今フォーカスしてるのは野球 ・常に新しいことにチャレンジ ・毎週のように人に会って学ぶ ・NPRのサイトでニュース ・クラシックな小説を読んだりしている 収録場所:ロサンゼルス ⇄ コロラド・ボルダー @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・アメリカのトランスジェンダー事情 *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 高橋 雄宇 / Yu Takahashi ナビゲーションエンジニア NASA / JPL https://note.com/yu_astro 1986年生まれ。東京都東久留米市出身。親の転勤により4歳よりシンガポールへ移住。日本人幼稚園・小学校に通い卒業までの8年間を過ごす。帰国後は東久留米市に戻り地元の中学、そして国際基督教大学高校に通いながら部活に明け暮れる6年を過ごす。高校二年生の時に打ち上がったJPLの火星ローバーミッションに憧れ2004年よりアリゾナ州の田舎町へ学部留学。卒業後コロラド大学大学院へ進学し、2013年に博士号を修了。同年よりJPLにてナビゲーションエンジニアとして小惑星ミッション、木星ミッション等に関わっている。今まで関わったミッションは準惑星ミッションDawn、木星ミッションJuno、小惑星サンプルリターンミッションOSIRIS-REx、エウロパ着陸機Europa Lander。

69 min2 w ago
Comments
Vol.129: 高橋 雄宇(NASA / JPL ナビゲーションエンジニア) 1/4

Vol.128: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 4/4

人間の慣れる力ってすごいなぁと思いつつもちょっと怖いなぁと、当たり前のようにマスクをして歩いているアメリカ人を見て思う今日この頃な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」32人目のインタビュー最終回。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 勢子さんとお話ししながら子供の頃のことを思い出し、自然とか自由な気持ちって普通の生活の中にたくさん溢れていたんだなぁって思いました。そしてそれがこんなにも贅沢で豊かなことだと大人になって気づくんだなって。「これが自分だ」って思えることを大切に、ありのままでいいんだと勇気をもらえる言葉たちがたくさんです。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 4/4 Vol.128 ・無理をしないで暮らしを楽しめること ・ありのままの自分でいいんだよ ・自分がこれでいいんだなって思える幸せ ・自由である分、責任もある ・継続することを意識して継続する ・飽きっぽいし好奇心旺盛 ・田舎のおばあちゃんになる目標 ・子供と一緒に絵本を描きたい ・菌の世界って楽しいんだよ ・子供の視点、子供にしか見えないもの ・固定観念なしのセンス ・花の蜜を吸ってた思い出 ・カブトムシの匂い ・子供の頃の思い出たち ・変態上等 ・自分が打ち込めるものを大切に ・変態は褒め言葉 ・ユニークな人間になること ・自分の自信になっていく ・生き方が変わっていく時代 ・これが自分だって思えること ・見えないところが重要になる? ・オカンのおにぎり 収録場所:ロサンゼルス @ZOOM >リアルアメリカ情報 ・結婚式もドライブスルー!? *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 小田島 勢子 / Seiko Odashima 醸せ師、ナチュラリスト Rustic Farm https://www.instagram.com/rustic_farm_california ロサンゼルスの片田舎で夫と三人娘、豚、鶏、犬たちとともに自然と共に生活を送るお母さん。縁ありアメリカで生活する中で、食や環境の大切さを感じ、はぐくみ、共に生き、造り出すことが暮らしのスタンスになりました。 できることからコツコツと、小さな庭で野菜やハーブを育てたり、味噌や醤油、お酢やみりんなどの調味料を手作りしたり、スローな生き方を楽しんでいます。 趣味の傍らで、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップ、コラムニスト(hint-pot.jp)、腸内フローラケータリング、アスリートニュートリショナルスペシャリストとして活動をしています。理想の姿は田舎のおばあちゃんです。

59 min3 w ago
Comments
Vol.128: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 4/4

Vol.127: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 3/4

先週配信のリアルアメリカ情報で話題にあがったアメリカ政府によるTikTokへの対応。ついに9月20日、App Storeから消えるようで「まじなんだ!?」な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、32人目のインタビュー。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 初めはワークショップをオンラインで行うことに抵抗があったという勢子さん。でも始めてみたら、やっぱりオンラインにはオンラインの良さがあるんですね〜とお話してくれました。全ては善悪ではなく、相互作用によって成り立っている。家族や会社、この世界もきっと不要なものなど無いのかもしれませんね。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.127 ・ 仕事と生活は自分の中できっちり分ける ・誰かのためになっていると感じる時 ・ハーブでつくるクラフトジン ・ぬか漬け、紅茶キノコ ・理科の実験室のようなキッチン ・オンラインでのワ...

57 minSEP 19
Comments
Vol.127: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 3/4

Vol.126: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 2/4

カリフォルニアが燃えている。特に北のサンフランシスコ近辺は、朝なのに夕焼けのようなオレンジ色の空。平穏無事な生活に改めて感謝せねばと思う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、32人目のインタビュー。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 大分県で海の近くの家に生まれ、11羽の鶏たちとの暮らしを通して感じていたこと、そして今振り返って改めて感じること。旦那さんとの出会いや家族との暮らし。動物も人間も心も、時間をかけて育まれていくものなんだなぁとなぜか微笑ましい気持ちにさせてくれる勢子さんのお話。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.126 ・大分県出身、海の近くの家 ・鶏と一緒に遊んだ子供時代 ・笑っていいとも!が夕方4時!? ・子供の頃の夢は花屋とお嫁さん ・両親が共働きだったこと ・子供の側にいてあげられる生活 ・旦那様との結婚が人生の転機 ・...

54 minSEP 12
Comments
Vol.126: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 2/4

Vol.125: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 1/4

なんやかんやと忙しく、もう金曜日か!と思えるのもありがたい。異常に暑くなりそうなLAのこの週末、嬉しいようなちょっと怖いような。板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」32人目のインタビュー、最初のエピソード。ロサンゼルスの片田舎で、旦那さまと三人の娘さん、豚、鶏、犬たちとの暮らし。醸せ師として、発酵食品をはじめとする腸活のワークショップやコラムニストなど多様な働き方で社会と繋がる勢子さん。これからの時代の新しい働き方、生き方のヒントになるような素敵なものがたり。 素朴な暮らし。そこにはきっと昔からのたくさんの人たちの知恵があり、長い間使われて熟れてきた心地よさがあり、調和のとれた空間で醸し出される豊かさがあるんでしょう。子育てを通して一緒に育まれているという、勢子さんの食や発酵や微生物のお話たち。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 1/4 Vol.125 ・Rustic Farmとは ・ロサンゼルス近郊の田舎の家 ・醸せ師:発酵食品を扱う人 ・食に関してのセミナー、ワークショップ ・アスリートや俳優さん向けに食のアドバイザー ・根本的な部分からの体の健康 ・暮らしを楽しむためのライフスタイルコーディ...

66 minSEP 5
Comments
Vol.125: 小田島 勢子(醸せ師、ナチュラリスト) 1/4

Vol.124: 新井 仁(President / COO) 4/4

やっぱり地球がおかしい!?毎週サーフィンで海に入っていますが、海水温の変動がやばいです。先週は海パン(約26℃)で、今週はフルスーツ(約16℃)な板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」31人目のインタビュー最終回。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 いや〜、話を聞けば聞くほど本当に多才で思慮深く万能な人という印象で、まさにスーパー ”マリオ” のニックネームがしっくり来ます!お話いただく内容も整然と要点がまとまっていて聞く側に入りやすい。僕も番組ホストとして、お話する技術を磨く努力をしようと真剣に思うのでした。笑 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 4/4 Vol.124 ・未来の可能性を感じながら生きる幸せ ・好奇心を持ち続けること ・中国語の勉強を始めた ・次に学ぶものは何かなと常に考える ・好奇心を持って新しいこと ・日本発で世界に通用する消費者ブランド ・テクノロジーを味方につけ世界で通用するブランドへ ・未来が楽しみなJINS MEME ・自分が外にでて感じたこと ・外から見る日本の良さ悪さ ・怖がることが一番勿体無い ・移動することでコンフォートゾーンを ・怖がってる分だけ損しちゃうよ ・チャンスを見逃すことがリスク ・やってみてダメでもやり直せる 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ・最近の買い物事情 inアメリカ *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

48 minAUG 29
Comments
Vol.124: 新井 仁(President / COO) 4/4

Vol.123: 新井 仁(President / COO) 3/4

カリフォルニアの夏の風物詩となってしまっている山火事。まだ一難去っていないこの状況で来たまた一難。みなさま、無事でありますようにと願う板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、31人目のインタビュー。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 今までのエピソードから、誰よりも真剣に本気で仕事に向き合っている印象を受けるマリオさんの仕事哲学とは?!組織運営を円滑に行うためにプロアクティブなスタッフとのコミュニケーションを意識。問題が起きてからではなく問題を未然に防ぐという考え方など、経営視点での気づきをたくさんいただけました。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 3/4 Vol.123 ・お客さんが笑顔でありがとうと言ってくれる時 ・フィードバックを受け取る ・アンケートは定常的に走らせる ・相手の満足してもらった対価 ・仕事哲学「テクノロジーってすげー!」 ・テクノロジーによってできること、良い面悪い面 ・Youtube, 任天堂スイッチ、スクラッチ ・組織運営で難しいこと ・スタッフとのコミュニケーションの大切さ ・プロアクティブに積極的に会話をする ・インターネットが見せてくれる無限の可能性 ・攻殻機動隊の世界が現実になりつつあ 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ★プレミアムスポンサー:ゲストスピーカー SKYUS 折原ヒロさん 1、今のアメリカの状況(Fビザ、Jビザ、OPT) 2、アメリカ在住の学生向けに(インターンの方法など) 3、日本在住で留学やインターンを考えてる方向け(今後の見通し、今やるべきことなど) SKYUSは世界6カ国11都市に拠点をおく、グローバルエデュケーションブランドです。海外留学、スタディツアー、海外インターンシップ、ジュニアキャンプ、オンラインプログラムなど、”グローバルへのきっかけ” を作る多彩な教育プログラム・サービスを展開しています。https://www.skyus.global/ja/ *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

59 minAUG 22
Comments
Vol.123: 新井 仁(President / COO) 3/4

Vol.122: 新井 仁(President / COO) 2/4

日本はお盆ですね。ここロサンゼルスも急に猛暑、やっと夏が来たかという感じです。とにかく早く海に入りたい金曜日の板倉です、こんにちは。 「1%の情熱ものがたり」前回に引き続き、31人目のインタビュー。子供の頃に感じた「科学の力ってスゲー!」 が原点。高校生で出会った「インターネットすげー!」は、国境も時差も飛び越えた。そして今、経営者として、テクノロジーを味方につけ「世の中を技術で変えていく」という未来しか感じない最強に頼もしい方、”マリオ” こと新井 仁さんのものがたり。 子供の頃の夢はパイロット。オーケストラに感動し手にしたのはバイオリン。高校で興味を持ったプログラミング。そして、世界を変えるかもしれないと感じたテクノロジーの力。純粋な好奇心がきっと幅広い人生を創っていく源泉になるんだと感じたお話でした。 それでは、お楽しみください! ▼Show Notes 2/4 Vol.122 ・横浜出身、24歳まで ・成績は割と普通、ソフトボールをやってた ・お父さんの影響で空に対する憧れ ・パイロットになるのが夢だった ・ドラクエの音楽が好きでCDを買った ・オーケストラに衝撃を受けた ・クラシック音楽に興味を持った ・バイオリンで情熱大陸テーマ曲のカバー ・渡米の時に手荷物で持ってたのはバイオリン ・慶応大学、湘南藤沢キャンパス ・専攻は総合政策、政治、経済、社会全般を学ぶ ・オープンな環境でいろんなことに触れた ・大学4年でコンピュータに出会う ・高校の特にプログラミングに興味を持った ・視力が悪かったのでパイロットは諦め ・学生の頃、会社の経営者になりたいと思った ・世界で活躍するプロ、ビジネスのプロは経営者 ・コンサルティング業界でいろんな業種 ・ITコンサルを選択し就職 ・小売、銀行、ゲーム業界まで幅広く携わる ・10年で5回の転職、キャリアアップ ・US進出に抜擢された切っ掛け ・小売業回のアメリカ進出はニューヨークが一般的 ・革新的なブランドイメージとしてサンフランシスコを選択 ・州によっても考え方が違う本当に広いアメリカ 収録場所:ロサンゼルス ⇄ サンフランシスコ@ZOOM >リアルアメリカ情報 ・なぜアメリカは新型コロナの感染者数が異常に多いのか *1〜2時間ほどインタビューさせて頂いた内容を、 4回にわたり配信(アメリカ時間で毎週金曜)しています。 ▼Interviewee Profile 新井 仁 / Jin Mario Arai President / COO JINS Eyewear US, Inc. https://www.jins.com/us/ 神奈川県横浜市生まれ。2000年に大学を卒業、当時普及が始まっていた商用インターネット技術に魅せられ、テクノロジーで実業の世界を実際に変革していくことを目指しシステムコンサルティングファーム、ビジネスコンサルティングファームに所属。金融機関、流通小売業、エンターテイメントビジネスの変革に携わる。現在はアイウェア事業JINSの米国法人JINS Eyewear US, IncのPresident/COOとして米国事業を統括。経営管理、経理財務、オンラインサービス、IT、カスタマーサポート等を管轄。2018~2019年早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター招聘研究員としてビジネスケースの執筆などを実施。経済産業省/独立行政法人日本貿易振興機構主催「始動 Next Innovator」プログラム メンター。慶應義塾大学 総合政策学部卒。

57 minAUG 15
Comments
Vol.122: 新井 仁(President / COO) 2/4
success toast
Welcome to Himalaya LearningDozens of podcourses featuring over 100 experts are waiting for you.