Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

FM西東京 84.2MHz コミュニティラジオ放送局 番組更新

株式会社エフエム西東京

2
Followers
38
Plays
FM西東京 84.2MHz コミュニティラジオ放送局 番組更新

FM西東京 84.2MHz コミュニティラジオ放送局 番組更新

株式会社エフエム西東京

2
Followers
38
Plays
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

FM西東京 84.2MHz コミュニティラジオ放送局の更新情報をお知らせしていきます。

Latest Episodes

第397回 普通は普通ではない 200808

「普通、こうでしょ」と言うことがある。 でも、普通って何でしょうか。それぞれ価値観があるから、普通と言われても困るはずです。 普通は何歳までには結婚するとか、結婚したら普通は子どもがいるよねとか、 普通という言葉で、押し付けをする。 時代によって、普通は変わってきます。 普通という言葉はとがめにもなります。 普通にこだわると、マイナスの氣の影響を受けてしまうことがあります。

--5 d ago
Comments
第397回 普通は普通ではない 200808

第396回 苦しいときの神頼み 200801

苦境に立たされると、ついつい神様にお願いしたくなります。 普段は神様のことなど信じてないのに、困ったときだけ頼むのはどうでしょう。 神様だけでなく、都合の悪いときだけ人に頼むこともあります。 できたら、普段から神様に感謝していることが大事だと思います。 神様というのはプラスの氣で、私たちを守ってくれるエネルギーです。 神様は都合のいいときだけお願いしても、「いいよ、いいよ」とこたえてくれます。 でも、できれば神様に対して、感謝というプラスの氣を送ることが大切です。 特に、今のようにマイナスの氣が多いときは、神様もどうやって助けてあげようと迷うこともあるはずです。

--1 w ago
Comments
第396回 苦しいときの神頼み 200801

第395回 売り言葉に買い言葉 200725

興味をもって話を聞いてくれる人がいると、ついつい饒舌になってしまいます。 逆に、嫌な言葉を言われて嫌な気持ちになって嫌な言葉を返すことがあります。 これも氣の影響です。 夫婦喧嘩も、理由もわからず言い合うこともあります。 言い返せば返すほどエスカレートします。 発する言葉によって、相手も気持ちが変わります。 これにもマイナスの氣の影響があることがあります。 言葉には気をつけましょう。

15 MIN2 w ago
Comments
第395回 売り言葉に買い言葉 200725

第394回 ちょっと嫌なこと 200718

小さな嫌なことはよくあると思います。 大きな嫌なことはどう対処しようかと、あれこれ考えますが、 小さな嫌なことはついつい見逃してしまいがちです。 見逃していると、小さなマイナスの氣がどんどん積もってしまい、 知らないうちに大きなマイナスのなることがあります。 小さな嫌なことは、嫌だと思ったときに対処しておくといいでしょう。 人間関係でも、小さな嫌なことは多いかと思います。 自分の考え方を変えると、嫌ではなくなることも多々あります。

--3 w ago
Comments
第394回 ちょっと嫌なこと 200718

第393回 自粛生活と疲れ 200711

コロナによる自粛で、運動不足になった人も多いでしょう。 そのため、自粛が解除になって、元の生活になると疲れてしまう人もいると思います。 できていたことができなくなったという人もいますが、 そこにはマイナスの氣の影響がないか考えてみるといいのではないでしょうか。 動くが鈍くなったと感じたら、 氣をしっかりと受けてみてください。

--JUL 13
Comments
第393回 自粛生活と疲れ 200711

第392回 死んだらどうなる? 200704

死んだらすべてが消えてしまうと考えている人がいます。 それなら、どうしてお墓参りとか法事をするのでしょうか。 あるいは、ラップ音があったりという霊的な現象を怖がる人もいます。 私は長年、氣のことをやっていますので、人は死んでも氣の部分は残ると考えています。 つらい気持ちで亡くなると、氣がこの世に残ってしまったりします。 その氣が生きている人に影響を与えることもあります。 彼らは光を欲しがっています。 私たち生きている者は、 日頃から氣を高めて、亡くなった人たちに光を送ることを心掛けたいものです。

--JUL 6
Comments
第392回 死んだらどうなる? 200704

第391回 マイナスの言葉 200627

マイナスの言葉からマイナスの氣が出ていてマイナスの氣がやってくる。 そうは言っても、ついつい愚痴などが出てしまいます。 ちょっとしたことで怒ったり、文句を言ったりします。 マイナスの言葉を発すると、その人にマイナスの氣が集まる。 じわじわとマイナスの影響で良くないことが起こります。 なるべくなら愚痴を言ったり、嘆いたりしないようにするといいでしょう。 家族でしっかりコミュニケーションをとることで、 マイナスの言葉が少なくなることもあります。 氣もしっかりと受けてください。

--JUN 28
Comments
第391回 マイナスの言葉 200627

第390回 父の日 200620

6月の第三日曜日は父の日です。 佐久間さんがお父さんとの関係をまわりの人に聞いてくれました。 いろいろなタイプのお父さんがいますし、関係もそれぞれですが、 意外とマメにお父さんと話している人が多いようです。 お父さんというと怖い感じがするけれども、 最近はやさしいお父さんが多いようです。 プレゼントをあげたり、感謝の気持ちを伝えたり、すでに亡くなっているなら、 どんなお父さんだったか思い出してください。 亡くなっても、氣のやりとりはできます。 お父さんとの距離を感じている方がいれば、少しでも距離を縮めてください。

--JUN 21
Comments
第390回 父の日 200620

第389回 親子の絆 200613

学校が休校になったり仕事も在宅勤務になって、 家族が顔を合わせる機会は多かったと思います。 どんな生活を送っていたでしょう。 家族団らんを楽しんだ家もあれば、何となく気まずい家庭もあったのではないでしょうか。 しかし、家族は氣で深くつながっています。 特に親子の氣の絆はとても強くて、お互いに氣が影響を与え合います。 親が自分の氣のレベルを上げれば、その影響で子どもの氣のレベルも上がることがあるのです。

--JUN 13
Comments
第389回 親子の絆 200613

第388回 苦手意識と氣 200606

コロナの影響でオンラインで会議などが行われています。 苦手だと言う人もいますが、やってみると大したことなかったりします。 苦手だという先入観が、行動範囲を狭くすることがあります。 これもマイナスの氣の影響による場合があります。 できないと思うのではなく、チャレンジしてみることが大事です。 人間関係でも、こういうタイプは苦手だと決めてしまうことがありますが、 付き合ってみると、苦手でもなんでもなかったりします。 何事も決めつけないことが大切です。

--JUN 7
Comments
第388回 苦手意識と氣 200606

Latest Episodes

第397回 普通は普通ではない 200808

「普通、こうでしょ」と言うことがある。 でも、普通って何でしょうか。それぞれ価値観があるから、普通と言われても困るはずです。 普通は何歳までには結婚するとか、結婚したら普通は子どもがいるよねとか、 普通という言葉で、押し付けをする。 時代によって、普通は変わってきます。 普通という言葉はとがめにもなります。 普通にこだわると、マイナスの氣の影響を受けてしまうことがあります。

--5 d ago
Comments
第397回 普通は普通ではない 200808

第396回 苦しいときの神頼み 200801

苦境に立たされると、ついつい神様にお願いしたくなります。 普段は神様のことなど信じてないのに、困ったときだけ頼むのはどうでしょう。 神様だけでなく、都合の悪いときだけ人に頼むこともあります。 できたら、普段から神様に感謝していることが大事だと思います。 神様というのはプラスの氣で、私たちを守ってくれるエネルギーです。 神様は都合のいいときだけお願いしても、「いいよ、いいよ」とこたえてくれます。 でも、できれば神様に対して、感謝というプラスの氣を送ることが大切です。 特に、今のようにマイナスの氣が多いときは、神様もどうやって助けてあげようと迷うこともあるはずです。

--1 w ago
Comments
第396回 苦しいときの神頼み 200801

第395回 売り言葉に買い言葉 200725

興味をもって話を聞いてくれる人がいると、ついつい饒舌になってしまいます。 逆に、嫌な言葉を言われて嫌な気持ちになって嫌な言葉を返すことがあります。 これも氣の影響です。 夫婦喧嘩も、理由もわからず言い合うこともあります。 言い返せば返すほどエスカレートします。 発する言葉によって、相手も気持ちが変わります。 これにもマイナスの氣の影響があることがあります。 言葉には気をつけましょう。

15 MIN2 w ago
Comments
第395回 売り言葉に買い言葉 200725

第394回 ちょっと嫌なこと 200718

小さな嫌なことはよくあると思います。 大きな嫌なことはどう対処しようかと、あれこれ考えますが、 小さな嫌なことはついつい見逃してしまいがちです。 見逃していると、小さなマイナスの氣がどんどん積もってしまい、 知らないうちに大きなマイナスのなることがあります。 小さな嫌なことは、嫌だと思ったときに対処しておくといいでしょう。 人間関係でも、小さな嫌なことは多いかと思います。 自分の考え方を変えると、嫌ではなくなることも多々あります。

--3 w ago
Comments
第394回 ちょっと嫌なこと 200718

第393回 自粛生活と疲れ 200711

コロナによる自粛で、運動不足になった人も多いでしょう。 そのため、自粛が解除になって、元の生活になると疲れてしまう人もいると思います。 できていたことができなくなったという人もいますが、 そこにはマイナスの氣の影響がないか考えてみるといいのではないでしょうか。 動くが鈍くなったと感じたら、 氣をしっかりと受けてみてください。

--JUL 13
Comments
第393回 自粛生活と疲れ 200711

第392回 死んだらどうなる? 200704

死んだらすべてが消えてしまうと考えている人がいます。 それなら、どうしてお墓参りとか法事をするのでしょうか。 あるいは、ラップ音があったりという霊的な現象を怖がる人もいます。 私は長年、氣のことをやっていますので、人は死んでも氣の部分は残ると考えています。 つらい気持ちで亡くなると、氣がこの世に残ってしまったりします。 その氣が生きている人に影響を与えることもあります。 彼らは光を欲しがっています。 私たち生きている者は、 日頃から氣を高めて、亡くなった人たちに光を送ることを心掛けたいものです。

--JUL 6
Comments
第392回 死んだらどうなる? 200704

第391回 マイナスの言葉 200627

マイナスの言葉からマイナスの氣が出ていてマイナスの氣がやってくる。 そうは言っても、ついつい愚痴などが出てしまいます。 ちょっとしたことで怒ったり、文句を言ったりします。 マイナスの言葉を発すると、その人にマイナスの氣が集まる。 じわじわとマイナスの影響で良くないことが起こります。 なるべくなら愚痴を言ったり、嘆いたりしないようにするといいでしょう。 家族でしっかりコミュニケーションをとることで、 マイナスの言葉が少なくなることもあります。 氣もしっかりと受けてください。

--JUN 28
Comments
第391回 マイナスの言葉 200627

第390回 父の日 200620

6月の第三日曜日は父の日です。 佐久間さんがお父さんとの関係をまわりの人に聞いてくれました。 いろいろなタイプのお父さんがいますし、関係もそれぞれですが、 意外とマメにお父さんと話している人が多いようです。 お父さんというと怖い感じがするけれども、 最近はやさしいお父さんが多いようです。 プレゼントをあげたり、感謝の気持ちを伝えたり、すでに亡くなっているなら、 どんなお父さんだったか思い出してください。 亡くなっても、氣のやりとりはできます。 お父さんとの距離を感じている方がいれば、少しでも距離を縮めてください。

--JUN 21
Comments
第390回 父の日 200620

第389回 親子の絆 200613

学校が休校になったり仕事も在宅勤務になって、 家族が顔を合わせる機会は多かったと思います。 どんな生活を送っていたでしょう。 家族団らんを楽しんだ家もあれば、何となく気まずい家庭もあったのではないでしょうか。 しかし、家族は氣で深くつながっています。 特に親子の氣の絆はとても強くて、お互いに氣が影響を与え合います。 親が自分の氣のレベルを上げれば、その影響で子どもの氣のレベルも上がることがあるのです。

--JUN 13
Comments
第389回 親子の絆 200613

第388回 苦手意識と氣 200606

コロナの影響でオンラインで会議などが行われています。 苦手だと言う人もいますが、やってみると大したことなかったりします。 苦手だという先入観が、行動範囲を狭くすることがあります。 これもマイナスの氣の影響による場合があります。 できないと思うのではなく、チャレンジしてみることが大事です。 人間関係でも、こういうタイプは苦手だと決めてしまうことがありますが、 付き合ってみると、苦手でもなんでもなかったりします。 何事も決めつけないことが大切です。

--JUN 7
Comments
第388回 苦手意識と氣 200606
success toast
Welcome to Himalaya LearningDozens of podcourses featuring over 100 experts are waiting for you.