Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

ひこかつ!! 彦仙 秘伝技術公開チャンネル

彦仙

Followers
Plays
ひこかつ!! 彦仙 秘伝技術公開チャンネル
5 minOCT 27
Play Episode
Comments
title

Details

どうも彦仙です!!

突然ですが、みなさんは強いメンタルを持っていますか?

 

これを読んで頂いているということは

そうでない方がほとんではないでしょうか。

 

そんな私も以前は気の弱さから会社でいじめられたり、

精神的に追い詰められていた時期がありました。

しかし、メンタルトレーニングに出会い、

毎日少しずつ努力してきた結果、

以前と比べるとリラックスして日々を過ごせています。

今回は私が出会って、

成長することができた

メンタルトレーニングってどんなものなんですかって言うのを解説します

 

 

メンタルトレーニングとは

1950年代に

宇宙飛行士の自己コントロール法として

始まりました。

以来、

スポーツでも積極的に取り入れられるようになったんです。

スポーツにおける身体にかかわらない、

すべてのトレーニングであり、

スポーツのパフォーマンス向上のために、

その思考をポジティブに保ったり

集中力を養ったりする方法として

行われるようになりました。

今ではオリンピックの

一流スポーツ選手も実践しているほど

有名な方法なんです。

 

そもそもメンタルとは何でしょうか?

メンタルは英語の「mental」が

日本語になった言葉というのはご存知だと思います。

正確には「mental」は形容詞なので、

名詞形の「mentality(メンタリティー)」

が正しいのですが、

固いことは抜きにして

メンタルとは日本語で

『精神、心』

を指します。

メンタルは人それぞれ違いますが、

その違いを生む要因としては、

生まれつきの性格、生育環境、教育などがあります。

 

でも僕、もう大人だし今さら性格変えられるのかな?

と思ってるそこのあなた

大丈夫!

メンタルの違いの要因って

人の身体でも同じことが言えると思いませんか?

まぁ確かに身体は生まれつきや生育環境によるところは

大きいですよね。

 

もし身体を強くしたいと思ったら

スポーツや筋トレをして鍛えますよね?

 

メンタルは鍛えることはできないけど、

メンタルトレーニングは

メンタルをよみがえらせたりして

立ち直りを早くさせる技なんですね。

 

メンタルトレーニングをする前に

メンタルが弱いと言われる人と

強いと言われる人の違いは何なのか

確認してみましょう。

ズバリ、

その決定的な違いは

「出来事に対する受け取り方」にあるんです。

例えば何かに失敗したとき、

「自分はダメだ」

と落ち込んで気持ちが沈み込んでしまうのか、

「失敗したけど次につながる課題が見つかった」

と次のステップに進もうとするのか、

失敗という出来事に対して、

両者で受け取り方が真逆であることがわかります。

出来事に対する受け取り方

【メンタルが弱いと思われる人】

⇒悲観的に受け取る(失敗したら落ち込む→マイナス思考で悪循環)

【メンタルが強いと思われる人】

⇒前向きに受け取る(失敗しても次に進む→プラス思考で好循環)

 

うわ~僕、完全にメンタル弱い人だよ。

とか

頭ではわかっていても前向きに受け取るのって難しいよね......

とか

 

確かに思ってしまいそうですね。

メンタルが強い人の思考回路を

全て真似るってことはかなり難しいです

そして

何を目指していくべきか? わからないですよね。

次はメンタルトレーニングで目指すべきことを説明します

メンタルトレーニングで目指すべきこととは

 

「マイナス思考を改善したい」、

「人生や仕事で成功するためにメンタルを強化したい」など、

人によってメンタルトレーニングで目指したい方向性は違ってきます。

しかし、

根本的な部分は同じです。

それは

『自分と向き合い、己を知り、課題を見つけて改善していくこと』

です。

他人ではなく、

自分に目を向けることでメンタルが鍛えられていきます。

 

自分に何が足りないのかを知ることから始めていけばいいんですねが、

彦仙はその中でも、ビジュアライゼーションという方法を学びました。

ここでは、

効果的なビジュアライゼーションのやり方

経験則にもとづいてコツとともに紹介します。