Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

Japanese Bible: Word Of The Day

YMillion

0
Followers
0
Plays
Japanese Bible: Word Of The Day

Japanese Bible: Word Of The Day

YMillion

0
Followers
0
Plays
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

Word Of The Day from the Japnese Bible. Daily Bible to learn Japanese with one chapter-by-on chapter with the Old Testament and the New Testament.

Latest Episodes

Genesis 14/創世記(そうせいき)14

さて、シンアルの王(おう)アムラフェル、エラサルの王アルヨク、エラムの王ケドルラオメル、ゴイムの王ディデアルの時代(じだい)のことである。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 14では、戦いが始まり、ロトは財産(ざいさん)を奪(うば)われ、捕虜(ほりょ)になりますが、アブラムが、それを助けて、ロトの財産も女たちや他の者たちも取り返します。 <本日の日本語> 「誉(ほまれ)あれ」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

9 minMAY 6
Comments
Genesis 14/創世記(そうせいき)14

Genesis 13/創世記(そうせいき)13

そこで、アブラムはエジプトを出るすべてのものと、ロトも一緒(いっしょ)であった。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 13では、アブラムはロトの牧者(ぼくしゃ)たちの間に争い(あらそい)が起こったので、ロトは、東(ひがし)へ、アブラムはカナンの地に移り住みます。 <本日の日本語> 「甚(はなは)だしい」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 5
Comments
Genesis 13/創世記(そうせいき)13

Genesis 12/創世記(そうせいき)12

主は、アブラムに言われた。 「あなたは、あなたの土地(とち)、 あなたの親族(しんぞく)、あなたの父(ちち)の家(いえ)を離(はな)れて、 わたしが示(しめ)す地へ行きなさい。。。。。。」 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 12で、アブラムは、妻(つま)のサライを妹(いもうと)と言わせて、エジプトへ入ります。しかし、主は、このことで、ファラオとその宮廷(きゅうてい)を大きなわざわいで打(う)たれます。 <本日の日本語> 「見目(みめ)麗(うるわ)しい女(おんな)」 Let's listen to the podcast! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ by Million

8 minMAY 4
Comments
Genesis 12/創世記(そうせいき)12

Genesis 11/創世記(そうせいき)11

さて、全地(ぜんち)は一(ひと)つの話(はな)しことば、一(ひと)つの共通(きょうつう)のことばであった。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 11では、有名(ゆうめい)なバベルの塔(とう)の原型(げんけい)となる経緯(いきさつ)が書かれています。そして、私たちの言語(げんご)が何故(なぜ)違(ちが)うのかという土台(どだい)とも言えることが、書かれています。 <本日の日本語> 「企(くわだ)てる」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

9 minMAY 3
Comments
Genesis 11/創世記(そうせいき)11

Genesis 10/創世記(そうせいき)10

これはノアの息子(むすこ)、セム、ハム、ヤフェテの歴史(れきし)である。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 10では、ノアの息子たちが、どのように分かれて行ったのかが、書かれています。 本日の日本語は、「二ムロデは地上(ちじょう)で最初(さいしょ)の勇士(ゆうし)」(10-8) です。この単語(たんご)は、聞いただけで、力(ちから)強さを感じます。 ここでは、「最初(さいしょ)の勇士(ゆうし)」となってますが、他には、「歴史(れきし)の勇士」とか、「町(まち)の勇士」などとも言ったりします。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 2
Comments
Genesis 10/創世記(そうせいき)10

Genesis 9/創世記(そうせいき)9

神(かみ)はノアとその息子(むすこ)たちを祝福(しゅくふく)して、彼らに仰(おお)せられた。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 9では、神は、ノアとその息子(むすこ)たちを祝福(しゅくふく)します。さて、本日の日本語は、「わたしは雲(くも)の中に、わたしの虹(にじ)を立(た)てる。」(9-13) この「立てる」という単語(たんご)ですが、聖書(せいしょ)内の意味(いみ)は、表明(ひょうめい)した決意(けつい)の現(あらわ)れを感(かんじ)る言葉です。 聖書内(せいしょない)には、「契約(けいやく)を立てる」という言葉が頻繁(ひんぱん)に出てきます。 例えば(i.e.,)、「わたしは、タバコを止(や)める誓(ちか)いを立てる。」とか、「夢(ゆめ)が、実現(じつげん)するように、願(ねが)いを立てる。」など、こんな感じです。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 1
Comments
Genesis 9/創世記(そうせいき)9

Genesis 8/創世記(そうせいき)8

神(かみ)は、ノアと、彼とともに箱舟(はこぶね)の中にいた、すべての獣(けもの)およびすべての家畜(かちく)を覚(おぼ)えておられた。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter8では、ついに水が引き始めます。しかし、ノアは、それを確(たし)かめる為(ため)に鳩(はと)を飛ばします。 ノアの年齢(ねんれい)が、601年の第一の月の一日(ついたち)に、水は地の上から干(ひ)上がりました。 さて、本日の気になる日本語は、数字(すうじ)の読み方です。 「六百一年目の第一の月の一日(ついたち)に、水は地の上から干上がった。」(8-21) ここは、一日(いちにち)と書いて、「ついたち」と読みます。 月(つき)の始(はじ)めの第一日目(だいいちにちめ)は、「ついたち」と言います。しかし、例(たとえ)えば、何かを始める時の数え方は、「いにちに」と数えます。 例えば、ランニング一日(いちにち)目(め)。などのようにです。 ちなみに、二日(ににち)と書いて、「ふつか」と言います。 三日(さんにち)と書いて、「みっか」と言います。 口(くち)に出している間(あいだ)に覚(おぼ)えますので、 是非(ぜひ)、毎日(まいにち)言ってみて下さい。 一日(ついたち)、二日(ふつか)、三日(みっか)、四日(よっか)、五日(いつか)、六日(むいか)、七日(なのか)、八日(ようか)、九日(ここのか)、十日(とおか)。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minAPR 30
Comments
Genesis 8/創世記(そうせいき)8

Genesis 7/創世記(そうせいき)7

主はノアに言われた。「あなたとあなたの全家(ぜんか)は、箱舟(はこぶね)に入りなさい。この世代(せだい)の中にあって、あなたがわたしの前に正(ただ)しいことが分かったからである。。。。。」+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++このChapter 7では、ノアは、神に言われた通りの行動(こうどう)をとり、ノアの箱舟(はこぶね)を作り上げます。この時(とき)、ノアは、600歳(さい)でした。今日の日本語は、「水がみなぎり、」(7-18) を拾(ひろ)ってみました。この「みなぎる」という日本語は、とても力(ちから)強(つよ)い言葉です。溢(あふ)れんばかりの力(ちから)という印象(いんしょう)を与(あたえ)る言葉(ことば)です。i.e., 例(れい):私(わたし)は、全身(ぜんしん)にエネルギーが「みなぎる」のがわかりました。++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6 minAPR 29
Comments
Genesis 7/創世記(そうせいき)7

Genesis 6 /創世記(そうせいき)6

さて、人(ひと)が大地(だいち)の面(おもて)に増(ふ)え始(はじ)め、娘(むすめ)たちが彼らに生まれたとき、神の子らは、人の娘(むすめ)たちが美(うつく)しいのを見て、それぞれ自分の選(えら)んだ者を妻(つま)とした。+++++++++++++++++++++++++++++++++このChapter 6では、ノアの箱舟(はこぶね)の由来(ゆらい)が、書かれています。「地は神の前に堕落(だらく)し、地は暴虐(ぼうぎゃく)で満ちていた。」(6-11) 為に神は、地と共に滅(ほろ)ぼし去(さ)るとこにしました。そして、ノアに指示(しじ)を出します。この章(しょう)で、気 (き)になる日本語(にほんご)は、何でしょう?「ノアは主の心にかなっていた。」(6-8) と、ありますが、「心にかなう」とは、どういうことでしょうか?英語では、< favor in the eyes of the Lord >と、ありますが、日本語を考えてると、本来 神が創造(そうぞう)した人は、ノアのような人だった。と、いうことでしょう。さて、ここで例題(れいだい)です。i.e., 私の会社(かいしゃ)の中を見渡(みわた)すと、彼(かれ)だけが、上司(じょうし)の「心にかなう」人でした。

7 minAPR 28
Comments
Genesis 6 /創世記(そうせいき)6

Genesis 5 /創世記(そうせいき)5

これは、アダムの歴史(れきし)の記録(きろく)である。++++++++++++++++++++++++++このChapter 5では、アダムの歴史が記録されてます。そして、ノアの箱舟のノアの誕生の意味を父であるレメクは、「この子は主がのろわれたこの地の、私たちの働きと手の労苦から、私たちを慰めてくれるだろう。」と、伝えています。この章の時点で、ノアは500歳になってました。今の私たちには想像出来ない年齢の数字ですが、この数字は、主の時間枠で伝えられている数字と、言われています。さて、Chapter5中の日本語で、「手の労苦(ろうく)から、私たちを慰(なぐさ)めてくれるだろう。」(5-29)と、ありますが、英語では、One shall bring us reliefとなってます。 ここの「慰め」とは、救済(きゅうさい)、助(たす)けてくれるだろう。と、言っているのですね。By Million

7 minAPR 27
Comments
Genesis 5 /創世記(そうせいき)5

Latest Episodes

Genesis 14/創世記(そうせいき)14

さて、シンアルの王(おう)アムラフェル、エラサルの王アルヨク、エラムの王ケドルラオメル、ゴイムの王ディデアルの時代(じだい)のことである。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 14では、戦いが始まり、ロトは財産(ざいさん)を奪(うば)われ、捕虜(ほりょ)になりますが、アブラムが、それを助けて、ロトの財産も女たちや他の者たちも取り返します。 <本日の日本語> 「誉(ほまれ)あれ」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

9 minMAY 6
Comments
Genesis 14/創世記(そうせいき)14

Genesis 13/創世記(そうせいき)13

そこで、アブラムはエジプトを出るすべてのものと、ロトも一緒(いっしょ)であった。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 13では、アブラムはロトの牧者(ぼくしゃ)たちの間に争い(あらそい)が起こったので、ロトは、東(ひがし)へ、アブラムはカナンの地に移り住みます。 <本日の日本語> 「甚(はなは)だしい」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 5
Comments
Genesis 13/創世記(そうせいき)13

Genesis 12/創世記(そうせいき)12

主は、アブラムに言われた。 「あなたは、あなたの土地(とち)、 あなたの親族(しんぞく)、あなたの父(ちち)の家(いえ)を離(はな)れて、 わたしが示(しめ)す地へ行きなさい。。。。。。」 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 12で、アブラムは、妻(つま)のサライを妹(いもうと)と言わせて、エジプトへ入ります。しかし、主は、このことで、ファラオとその宮廷(きゅうてい)を大きなわざわいで打(う)たれます。 <本日の日本語> 「見目(みめ)麗(うるわ)しい女(おんな)」 Let's listen to the podcast! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ by Million

8 minMAY 4
Comments
Genesis 12/創世記(そうせいき)12

Genesis 11/創世記(そうせいき)11

さて、全地(ぜんち)は一(ひと)つの話(はな)しことば、一(ひと)つの共通(きょうつう)のことばであった。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 11では、有名(ゆうめい)なバベルの塔(とう)の原型(げんけい)となる経緯(いきさつ)が書かれています。そして、私たちの言語(げんご)が何故(なぜ)違(ちが)うのかという土台(どだい)とも言えることが、書かれています。 <本日の日本語> 「企(くわだ)てる」 Let's listen to the podcast! +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

9 minMAY 3
Comments
Genesis 11/創世記(そうせいき)11

Genesis 10/創世記(そうせいき)10

これはノアの息子(むすこ)、セム、ハム、ヤフェテの歴史(れきし)である。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 10では、ノアの息子たちが、どのように分かれて行ったのかが、書かれています。 本日の日本語は、「二ムロデは地上(ちじょう)で最初(さいしょ)の勇士(ゆうし)」(10-8) です。この単語(たんご)は、聞いただけで、力(ちから)強さを感じます。 ここでは、「最初(さいしょ)の勇士(ゆうし)」となってますが、他には、「歴史(れきし)の勇士」とか、「町(まち)の勇士」などとも言ったりします。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 2
Comments
Genesis 10/創世記(そうせいき)10

Genesis 9/創世記(そうせいき)9

神(かみ)はノアとその息子(むすこ)たちを祝福(しゅくふく)して、彼らに仰(おお)せられた。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter 9では、神は、ノアとその息子(むすこ)たちを祝福(しゅくふく)します。さて、本日の日本語は、「わたしは雲(くも)の中に、わたしの虹(にじ)を立(た)てる。」(9-13) この「立てる」という単語(たんご)ですが、聖書(せいしょ)内の意味(いみ)は、表明(ひょうめい)した決意(けつい)の現(あらわ)れを感(かんじ)る言葉です。 聖書内(せいしょない)には、「契約(けいやく)を立てる」という言葉が頻繁(ひんぱん)に出てきます。 例えば(i.e.,)、「わたしは、タバコを止(や)める誓(ちか)いを立てる。」とか、「夢(ゆめ)が、実現(じつげん)するように、願(ねが)いを立てる。」など、こんな感じです。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minMAY 1
Comments
Genesis 9/創世記(そうせいき)9

Genesis 8/創世記(そうせいき)8

神(かみ)は、ノアと、彼とともに箱舟(はこぶね)の中にいた、すべての獣(けもの)およびすべての家畜(かちく)を覚(おぼ)えておられた。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ このChapter8では、ついに水が引き始めます。しかし、ノアは、それを確(たし)かめる為(ため)に鳩(はと)を飛ばします。 ノアの年齢(ねんれい)が、601年の第一の月の一日(ついたち)に、水は地の上から干(ひ)上がりました。 さて、本日の気になる日本語は、数字(すうじ)の読み方です。 「六百一年目の第一の月の一日(ついたち)に、水は地の上から干上がった。」(8-21) ここは、一日(いちにち)と書いて、「ついたち」と読みます。 月(つき)の始(はじ)めの第一日目(だいいちにちめ)は、「ついたち」と言います。しかし、例(たとえ)えば、何かを始める時の数え方は、「いにちに」と数えます。 例えば、ランニング一日(いちにち)目(め)。などのようにです。 ちなみに、二日(ににち)と書いて、「ふつか」と言います。 三日(さんにち)と書いて、「みっか」と言います。 口(くち)に出している間(あいだ)に覚(おぼ)えますので、 是非(ぜひ)、毎日(まいにち)言ってみて下さい。 一日(ついたち)、二日(ふつか)、三日(みっか)、四日(よっか)、五日(いつか)、六日(むいか)、七日(なのか)、八日(ようか)、九日(ここのか)、十日(とおか)。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ By Million

8 minAPR 30
Comments
Genesis 8/創世記(そうせいき)8

Genesis 7/創世記(そうせいき)7

主はノアに言われた。「あなたとあなたの全家(ぜんか)は、箱舟(はこぶね)に入りなさい。この世代(せだい)の中にあって、あなたがわたしの前に正(ただ)しいことが分かったからである。。。。。」+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++このChapter 7では、ノアは、神に言われた通りの行動(こうどう)をとり、ノアの箱舟(はこぶね)を作り上げます。この時(とき)、ノアは、600歳(さい)でした。今日の日本語は、「水がみなぎり、」(7-18) を拾(ひろ)ってみました。この「みなぎる」という日本語は、とても力(ちから)強(つよ)い言葉です。溢(あふ)れんばかりの力(ちから)という印象(いんしょう)を与(あたえ)る言葉(ことば)です。i.e., 例(れい):私(わたし)は、全身(ぜんしん)にエネルギーが「みなぎる」のがわかりました。++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6 minAPR 29
Comments
Genesis 7/創世記(そうせいき)7

Genesis 6 /創世記(そうせいき)6

さて、人(ひと)が大地(だいち)の面(おもて)に増(ふ)え始(はじ)め、娘(むすめ)たちが彼らに生まれたとき、神の子らは、人の娘(むすめ)たちが美(うつく)しいのを見て、それぞれ自分の選(えら)んだ者を妻(つま)とした。+++++++++++++++++++++++++++++++++このChapter 6では、ノアの箱舟(はこぶね)の由来(ゆらい)が、書かれています。「地は神の前に堕落(だらく)し、地は暴虐(ぼうぎゃく)で満ちていた。」(6-11) 為に神は、地と共に滅(ほろ)ぼし去(さ)るとこにしました。そして、ノアに指示(しじ)を出します。この章(しょう)で、気 (き)になる日本語(にほんご)は、何でしょう?「ノアは主の心にかなっていた。」(6-8) と、ありますが、「心にかなう」とは、どういうことでしょうか?英語では、< favor in the eyes of the Lord >と、ありますが、日本語を考えてると、本来 神が創造(そうぞう)した人は、ノアのような人だった。と、いうことでしょう。さて、ここで例題(れいだい)です。i.e., 私の会社(かいしゃ)の中を見渡(みわた)すと、彼(かれ)だけが、上司(じょうし)の「心にかなう」人でした。

7 minAPR 28
Comments
Genesis 6 /創世記(そうせいき)6

Genesis 5 /創世記(そうせいき)5

これは、アダムの歴史(れきし)の記録(きろく)である。++++++++++++++++++++++++++このChapter 5では、アダムの歴史が記録されてます。そして、ノアの箱舟のノアの誕生の意味を父であるレメクは、「この子は主がのろわれたこの地の、私たちの働きと手の労苦から、私たちを慰めてくれるだろう。」と、伝えています。この章の時点で、ノアは500歳になってました。今の私たちには想像出来ない年齢の数字ですが、この数字は、主の時間枠で伝えられている数字と、言われています。さて、Chapter5中の日本語で、「手の労苦(ろうく)から、私たちを慰(なぐさ)めてくれるだろう。」(5-29)と、ありますが、英語では、One shall bring us reliefとなってます。 ここの「慰め」とは、救済(きゅうさい)、助(たす)けてくれるだろう。と、言っているのですね。By Million

7 minAPR 27
Comments
Genesis 5 /創世記(そうせいき)5
success toast
Welcome to Himalaya LearningClick below to download our app for better listening experience.Download App