Himalaya: Listen. Learn. Grow.

4.8K Ratings
Open In App
title

宮澤賢治の歌曲の世界

hamagaki

3
Followers
17
Plays
宮澤賢治の歌曲の世界

宮澤賢治の歌曲の世界

hamagaki

3
Followers
17
Plays
OVERVIEWEPISODESYOU MAY ALSO LIKE

Details

About Us

宮澤賢治が作詩(一部作曲)した歌曲です

Latest Episodes

鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」

作曲者鈴木憲夫氏は、20年もの歳月をかけて賢治の「雨ニモマケズ」に取り組み、「この詩と永いこと私なりの付き合いをしていくうちに、賢治の生き方そのものこそを音楽で表したいと思うようになりました」と述べておられます。この言葉のとおり、歌詞として重要な意味を帯びて取り入れられた「南無妙法蓮華経」の唱題や「略式十界曼荼羅」の菩薩や如来の名前、冒頭の「賢治…賢治…」の呼びかけと風の音の重層、曲の最後の終わり方など、賢治の生涯や世界観を象徴するような構成が、随所にみられます。  メロディーやハーモニーの美しさも、この曲の大きな魅力です。 <歌詞> 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ 西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラ...

11 MIN2009 MAR 29
Comments
鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ(千原英喜作曲『混声合唱とピアノのための組曲 雨ニモマケズ』より)

作曲者千原英喜氏は、この組曲について、「賢治の世界と対話しながらの創作の日々、書き留められて行くメロディーやハーモニーのひとつひとつに喜びを感じながら、至福の時を過ごした。」と書いておられます。  そして、「告別(1)」「告別(2)」「野の師父」と続く組曲の終曲、「雨ニモマケズ」について千原氏は、「詩の冒頭 “雨ニモマケズ、風ニモマケズ” にヴァイタリティを感じてはならないと人は言うかもしれない。しかし私には雨風の中へ勇猛果敢に飛び出し行く賢治の姿が見えるのだ。東に西に人々を励まし歩く声が聞こえて来るのだ。彼の一生を顧みて、つねに企画し、挫折し、また新たに物事をおこす前向きなエネルギーに心打たれる。私は賢治の魂にエールを送ろう。哀憐の調べではなく、勇気奮い立つ響きで彼を讃えよう。そして賢治とともに私は颯爽と山野をかけめぐるのだ。Alla Marcia―行進曲風に、活き活きと、アッコード(和弦)に力漲らせて。曲は今を生きる皆への応援歌、命の讃歌だ。」と記します。  勇壮なピアノのコードで刻まれる合唱曲です。声のパートは、ソプラノを初音ミク、アルトをMeiko、テノールとバスをKaitoが担当しています。 <歌詞> 雨...

7 MIN2008 JUN 29
Comments
雨ニモマケズ(千原英喜作曲『混声合唱とピアノのための組曲 雨ニモマケズ』より)

いさをかゞやく バナナン軍(コミックオペレット「飢餓陣営」より)

コミックオペレット「飢餓陣営」のフィナーレを飾る歌が、「いさをかゞやく バナナン軍」です。賢治は、明治時代に流行した軍歌「教導団歌」の旋律に、14節28行の長い歌詞を付けて、「飢餓陣営」全体のあらすじを回顧するという形の歌にしました。映画の終わりに、回想シーンが順に映されていくようなもので、劇の最後に登場人物全員で行進しながらこれを歌えば、観客もあらためて印象を深めることができたでしょう。 <歌詞> いさをかゞやく バナナン軍 マルトン原に  たむろせど 荒さびし山河の すべもなく 飢餓の 陣営   日にわたり 夜をもこむれば つはものの ダムダム弾や  葡萄弾 毒瓦斯タンクは 恐れねど うゑとつかれを いかにせん やむなく食みし 将軍の かゞやきわたる 勲章と ひかりまばゆき エボレット そのまがつみは 録(しる)されぬ あはれ二人の  つはものは 責に死なんと  したりしに このとき雲の  かなたより 神ははるかに  みそなはし くだしたまへるみめぐみは 新式生産体操ぞ。 ベース ピラミッド カンデラブル またパルメット エーベンタール ことにも二つの コルドンと 棚の仕立に   いたりしに ひかりのごとく 降...

5 MIN2007 FEB 18
Comments
いさをかゞやく バナナン軍(コミックオペレット「飢餓陣営」より)

ポラーノの広場(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

童声(女声)合唱とピアノによる『イーハトーヴ組曲』の終曲は、宮澤賢治の「ポランの広場」と、「ポラーノの広場のうた」の歌詞を合体させたものです。ことに、「ポラーノの広場」の部分のコラールは賢治の詩と一体となって美しく、この部分だけを抜粋して演奏されることもあります。  VOCALOID の‘Meiko’をベースにした合唱でお聴き下さい。 <歌詞> つめくさの花の 咲く晩に ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒を呑まずに  水を呑む そんなやつらが でかけて来ると ポランの広場も 朝になる ポランの広場も 白ぱっくれる。 つめくさの花の かほる夜は ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒くせのわるい 山猫が 黄いろのシャツで出かけてくると ポランの広場に 雨がふる ポランの広場に 雨が落ちる。 つめくさのはなの 終る夜は ポランの広場の 秋まつり ポランの広場の 秋のまつり 水をのまずに酒を呑む そんなやつらが威張っていると ポランの広場の 夜が明けぬ ポランの広場も 朝にならぬ。 つめくさの花のしぼむ夜は ポランの広場の秋まつり ポランの広場の秋のまつり 酒くせの悪い山ねこは 黄いろのシ...

5 MIN2006 OCT 9
Comments
ポラーノの広場(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

水汲み

戦後日本を代表する作曲家の一人であった高田三郎(1913-2000)が、深く愛した宮澤賢治の詩に作曲した無伴奏混声合唱組曲『心象スケッチ』(1969)から、その第一曲「水汲み」です。  詩は、賢治が農学校を辞職して自ら「一人の農民」となって耕筰を始めた頃の作品で、「水を汲んで、砂へかけて…」というリフレインの反復が、農業労働の苦しさとともに、静かな喜びを表しているようでもあります。高田三郎の曲では、これらのフレーズが繰り返されるとともに、徐々に弱く、緩徐に歌われることで、「疲労」を表現しつつ、あたかもある種の「浄化」がなされていくような印象を与えます。  演奏は、ソプラノとアルトがVOCALOIDの‘Meiko’、テナーとバスが‘kaito’です。 <歌詞>   水汲み ぎっしり生えたち萓の芽だ 紅くひかって 仲間同志に影をおとし 上をあるけば距離のしれない敷物のやうに うるうるひろがるち萓の芽だ    ……水を汲んで砂へかけて…… つめたい風の海蛇が もう幾脈も幾脈も 野ばらの藪をすり抜けて 川をななめに溯って行く    ……水を汲んで砂へかけて…… 向ふ岸には 蒼い衣のヨハネが下りて すぎなの胞子(たね)をあつめてゐる    …...

3 MIN2006 JUN 25
Comments
水汲み

ポランの広場(旧校本全集版)

賢治が残した数多くの歌曲のなかで、一般に歌われることの最も多いのはおそらく「精神歌」で、次いで二番目は「星めぐりの歌」なのではないでしょうか。では、三番目は何だろうと考えると、私は、この「ポランの広場」だろうと思うのです。  毎年の「賢治祭」では、菊池裕さん率いる「桜町ママさんコーラス」が、たいていこの歌を披露してくれますし、岩手県出身の作曲家加藤學氏も、「混声合唱のためのイーハトーヴォ幻想」という作品の中心に、この曲を据えておられます。 最新の『【新】校本宮澤賢治全集』からは、この曲は姿を消しているのですが、旧版『校本全集』の楽譜をもとに、VOCALOID で演奏を再現しました。伴奏は、アコーディオンと鉄琴だけという素朴なものにしてあります。 <歌詞> つめくさの花の 咲く晩に ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒を呑まずに  水を呑む そんなやつらが でかけて来ると ポランの広場も 朝になる ポランの広場も 白ぱっくれる。 つめくさの花の かほる夜は ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒くせのわるい 山猫が 黄いろのシャツで出かけてくると ポランの広場に 雨がふる...

2 MIN2006 FEB 26
Comments
ポランの広場(旧校本全集版)

黎明行進歌

1922年頃、賢治が農学校の教え子たちのために作詞して、皆で歌っていたという行進曲です。賢治らしい語彙が輝くその歌は、朝焼けの北上山地の情景に託して、岩手の農業の「夜明け」と、それを担う青年たちに贈るエールでした。  歌詞の二番で「金の鎌」というのは、空にかかる鎌の形をした月(五日月)のことで、ここでは「銹びし鎌」に象徴される古い農業が沈んだ後に、朝日に輝きつつ、若者たちとともに新しい「犂」が現れる、という形になっています。田畑を耕す農具である「すき」は、漢字で書くと、人間が引く「鋤」と、家畜が引く「犂」とがありますが、「鋤」は「鍬」などとともに、江戸時代から使われる伝統的な農具であったのに対して、畜力を利用した「短床犂」は明治末期に完成して普及が始まり、大正時代から昭和30年頃までは、これが全国で広く使用されていたということです。すなわち、この「燦転」たる「犂」は、大正時代の片田舎では、新たな農業の象徴でもあったのでしょう。  歌曲の旋律は、第一高等学校の寮歌「紫淡くたそがるゝ」のものを借用したものです。単純なメロディーですが、歌詞の凛々しい雰囲気とほどよくマッチしていますね。  「夜明け...

1 MIN2006 FEB 23
Comments
黎明行進歌

星めぐりの歌(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

鈴木輝昭氏が、オリザ・ジュニアコールの委嘱によって作曲したオペラ「双子の星」は、1988年に仙台において初演されました。  オペラでは、原作童話の中に劇中歌のような形で描かれている「星めぐりの歌」が主要動機として展開されていきますが、後に作曲者はこの「星めぐりに歌」だけを取り出して、もとの管弦楽からピアノ伴奏によるヴァージョンの独立した合唱曲として、作りかえました。そしてこれは、宮澤賢治の他の童話においてやはり「劇中歌」のようにして現れる“歌”によって構成される、「イーハトーヴ組曲」の第一曲に置かれています。 <歌詞>  あかいめだまの さそり  ひろげた鷲の  つばさ  あをいめだめの 小いぬ、  ひかりのへびの とぐろ。  オリオンは高く うたひ  つゆとしもとを おとす、  アンドロメダの くもは  さかなのくちの かたち。  大ぐまのあしを きたに  五つのばした  ところ。  小熊のひたいの うへは  そらのめぐりの めあて。

3 MIN2005 DEC 31
Comments
星めぐりの歌(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

星めぐりの歌(加藤學 編曲)

岩手出身の作曲家 加藤學の作品「混声合唱のためのイーハトーヴォ幻想」のなかから、第三曲「星めぐりの歌」です。  加藤學氏は、岩手大学を卒業後、県内の高校の音楽教師・合唱指導者として教育に尽くした後、1992年からはフリーの作曲家として活躍しておられましたが、1998年に47歳の若さで亡くなりました。  この「星めぐりの歌」は組曲のなかの愛すべき小品で、歌詞の二番の部分では、アルトとソプラノの輪唱に男声も掛け合い、まるでぐるぐると廻りつづける「星めぐり」を象徴するかのようです。 <歌詞>  あかいめだまの さそり  ひろげた鷲の  つばさ  あをいめだめの 小いぬ、  ひかりのへびの とぐろ。  オリオンは高く うたひ  つゆとしもとを おとす、  アンドロメダの くもは  さかなのくちの かたち。  大ぐまのあしを きたに  五つのばした  ところ。  小熊のひたいの うへは  そらのめぐりの めあて。

1 MIN2005 NOV 20
Comments
星めぐりの歌(加藤學 編曲)

敗れし少年の歌へる

2004年10月に岩手県普代村に宮沢賢治の「敗れし少年の歌へる」詩碑が建立されたことを機会に、地元の合唱団から「宮澤賢治の詩の世界」管理人に作曲の依頼があり、作られた曲です。歌は、2005年10月8日に普代村で行われた「第17回コーラスライオット風定期演奏会」で披露されました。 <歌詞>  敗れし少年の歌へる ひかりわななくあけぞらに 清麗サフィアのさまなして きみにたぐへるかの惑星(ほし)の いま融け行くぞかなしけれ 雪をかぶれるびゃくしんや 百の海岬いま明けて あをうなばらは万葉の 古きしらべにひかれるを 夜はあやしき積雲の なかより生れてかの星ぞ さながらきみのことばもて われをこととひ燃えけるを よきロダイトのさまなして ひかりわなゝくかのそらに 溶け行くとしてひるがへる きみが星こそかなしけれ

5 MIN2005 OCT 10
Comments
敗れし少年の歌へる

Latest Episodes

鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」

作曲者鈴木憲夫氏は、20年もの歳月をかけて賢治の「雨ニモマケズ」に取り組み、「この詩と永いこと私なりの付き合いをしていくうちに、賢治の生き方そのものこそを音楽で表したいと思うようになりました」と述べておられます。この言葉のとおり、歌詞として重要な意味を帯びて取り入れられた「南無妙法蓮華経」の唱題や「略式十界曼荼羅」の菩薩や如来の名前、冒頭の「賢治…賢治…」の呼びかけと風の音の重層、曲の最後の終わり方など、賢治の生涯や世界観を象徴するような構成が、随所にみられます。  メロディーやハーモニーの美しさも、この曲の大きな魅力です。 <歌詞> 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ 西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラ...

11 MIN2009 MAR 29
Comments
鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ(千原英喜作曲『混声合唱とピアノのための組曲 雨ニモマケズ』より)

作曲者千原英喜氏は、この組曲について、「賢治の世界と対話しながらの創作の日々、書き留められて行くメロディーやハーモニーのひとつひとつに喜びを感じながら、至福の時を過ごした。」と書いておられます。  そして、「告別(1)」「告別(2)」「野の師父」と続く組曲の終曲、「雨ニモマケズ」について千原氏は、「詩の冒頭 “雨ニモマケズ、風ニモマケズ” にヴァイタリティを感じてはならないと人は言うかもしれない。しかし私には雨風の中へ勇猛果敢に飛び出し行く賢治の姿が見えるのだ。東に西に人々を励まし歩く声が聞こえて来るのだ。彼の一生を顧みて、つねに企画し、挫折し、また新たに物事をおこす前向きなエネルギーに心打たれる。私は賢治の魂にエールを送ろう。哀憐の調べではなく、勇気奮い立つ響きで彼を讃えよう。そして賢治とともに私は颯爽と山野をかけめぐるのだ。Alla Marcia―行進曲風に、活き活きと、アッコード(和弦)に力漲らせて。曲は今を生きる皆への応援歌、命の讃歌だ。」と記します。  勇壮なピアノのコードで刻まれる合唱曲です。声のパートは、ソプラノを初音ミク、アルトをMeiko、テノールとバスをKaitoが担当しています。 <歌詞> 雨...

7 MIN2008 JUN 29
Comments
雨ニモマケズ(千原英喜作曲『混声合唱とピアノのための組曲 雨ニモマケズ』より)

いさをかゞやく バナナン軍(コミックオペレット「飢餓陣営」より)

コミックオペレット「飢餓陣営」のフィナーレを飾る歌が、「いさをかゞやく バナナン軍」です。賢治は、明治時代に流行した軍歌「教導団歌」の旋律に、14節28行の長い歌詞を付けて、「飢餓陣営」全体のあらすじを回顧するという形の歌にしました。映画の終わりに、回想シーンが順に映されていくようなもので、劇の最後に登場人物全員で行進しながらこれを歌えば、観客もあらためて印象を深めることができたでしょう。 <歌詞> いさをかゞやく バナナン軍 マルトン原に  たむろせど 荒さびし山河の すべもなく 飢餓の 陣営   日にわたり 夜をもこむれば つはものの ダムダム弾や  葡萄弾 毒瓦斯タンクは 恐れねど うゑとつかれを いかにせん やむなく食みし 将軍の かゞやきわたる 勲章と ひかりまばゆき エボレット そのまがつみは 録(しる)されぬ あはれ二人の  つはものは 責に死なんと  したりしに このとき雲の  かなたより 神ははるかに  みそなはし くだしたまへるみめぐみは 新式生産体操ぞ。 ベース ピラミッド カンデラブル またパルメット エーベンタール ことにも二つの コルドンと 棚の仕立に   いたりしに ひかりのごとく 降...

5 MIN2007 FEB 18
Comments
いさをかゞやく バナナン軍(コミックオペレット「飢餓陣営」より)

ポラーノの広場(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

童声(女声)合唱とピアノによる『イーハトーヴ組曲』の終曲は、宮澤賢治の「ポランの広場」と、「ポラーノの広場のうた」の歌詞を合体させたものです。ことに、「ポラーノの広場」の部分のコラールは賢治の詩と一体となって美しく、この部分だけを抜粋して演奏されることもあります。  VOCALOID の‘Meiko’をベースにした合唱でお聴き下さい。 <歌詞> つめくさの花の 咲く晩に ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒を呑まずに  水を呑む そんなやつらが でかけて来ると ポランの広場も 朝になる ポランの広場も 白ぱっくれる。 つめくさの花の かほる夜は ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒くせのわるい 山猫が 黄いろのシャツで出かけてくると ポランの広場に 雨がふる ポランの広場に 雨が落ちる。 つめくさのはなの 終る夜は ポランの広場の 秋まつり ポランの広場の 秋のまつり 水をのまずに酒を呑む そんなやつらが威張っていると ポランの広場の 夜が明けぬ ポランの広場も 朝にならぬ。 つめくさの花のしぼむ夜は ポランの広場の秋まつり ポランの広場の秋のまつり 酒くせの悪い山ねこは 黄いろのシ...

5 MIN2006 OCT 9
Comments
ポラーノの広場(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

水汲み

戦後日本を代表する作曲家の一人であった高田三郎(1913-2000)が、深く愛した宮澤賢治の詩に作曲した無伴奏混声合唱組曲『心象スケッチ』(1969)から、その第一曲「水汲み」です。  詩は、賢治が農学校を辞職して自ら「一人の農民」となって耕筰を始めた頃の作品で、「水を汲んで、砂へかけて…」というリフレインの反復が、農業労働の苦しさとともに、静かな喜びを表しているようでもあります。高田三郎の曲では、これらのフレーズが繰り返されるとともに、徐々に弱く、緩徐に歌われることで、「疲労」を表現しつつ、あたかもある種の「浄化」がなされていくような印象を与えます。  演奏は、ソプラノとアルトがVOCALOIDの‘Meiko’、テナーとバスが‘kaito’です。 <歌詞>   水汲み ぎっしり生えたち萓の芽だ 紅くひかって 仲間同志に影をおとし 上をあるけば距離のしれない敷物のやうに うるうるひろがるち萓の芽だ    ……水を汲んで砂へかけて…… つめたい風の海蛇が もう幾脈も幾脈も 野ばらの藪をすり抜けて 川をななめに溯って行く    ……水を汲んで砂へかけて…… 向ふ岸には 蒼い衣のヨハネが下りて すぎなの胞子(たね)をあつめてゐる    …...

3 MIN2006 JUN 25
Comments
水汲み

ポランの広場(旧校本全集版)

賢治が残した数多くの歌曲のなかで、一般に歌われることの最も多いのはおそらく「精神歌」で、次いで二番目は「星めぐりの歌」なのではないでしょうか。では、三番目は何だろうと考えると、私は、この「ポランの広場」だろうと思うのです。  毎年の「賢治祭」では、菊池裕さん率いる「桜町ママさんコーラス」が、たいていこの歌を披露してくれますし、岩手県出身の作曲家加藤學氏も、「混声合唱のためのイーハトーヴォ幻想」という作品の中心に、この曲を据えておられます。 最新の『【新】校本宮澤賢治全集』からは、この曲は姿を消しているのですが、旧版『校本全集』の楽譜をもとに、VOCALOID で演奏を再現しました。伴奏は、アコーディオンと鉄琴だけという素朴なものにしてあります。 <歌詞> つめくさの花の 咲く晩に ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒を呑まずに  水を呑む そんなやつらが でかけて来ると ポランの広場も 朝になる ポランの広場も 白ぱっくれる。 つめくさの花の かほる夜は ポランの広場の 夏まつり ポランの広場の 夏のまつり 酒くせのわるい 山猫が 黄いろのシャツで出かけてくると ポランの広場に 雨がふる...

2 MIN2006 FEB 26
Comments
ポランの広場(旧校本全集版)

黎明行進歌

1922年頃、賢治が農学校の教え子たちのために作詞して、皆で歌っていたという行進曲です。賢治らしい語彙が輝くその歌は、朝焼けの北上山地の情景に託して、岩手の農業の「夜明け」と、それを担う青年たちに贈るエールでした。  歌詞の二番で「金の鎌」というのは、空にかかる鎌の形をした月(五日月)のことで、ここでは「銹びし鎌」に象徴される古い農業が沈んだ後に、朝日に輝きつつ、若者たちとともに新しい「犂」が現れる、という形になっています。田畑を耕す農具である「すき」は、漢字で書くと、人間が引く「鋤」と、家畜が引く「犂」とがありますが、「鋤」は「鍬」などとともに、江戸時代から使われる伝統的な農具であったのに対して、畜力を利用した「短床犂」は明治末期に完成して普及が始まり、大正時代から昭和30年頃までは、これが全国で広く使用されていたということです。すなわち、この「燦転」たる「犂」は、大正時代の片田舎では、新たな農業の象徴でもあったのでしょう。  歌曲の旋律は、第一高等学校の寮歌「紫淡くたそがるゝ」のものを借用したものです。単純なメロディーですが、歌詞の凛々しい雰囲気とほどよくマッチしていますね。  「夜明け...

1 MIN2006 FEB 23
Comments
黎明行進歌

星めぐりの歌(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

鈴木輝昭氏が、オリザ・ジュニアコールの委嘱によって作曲したオペラ「双子の星」は、1988年に仙台において初演されました。  オペラでは、原作童話の中に劇中歌のような形で描かれている「星めぐりの歌」が主要動機として展開されていきますが、後に作曲者はこの「星めぐりに歌」だけを取り出して、もとの管弦楽からピアノ伴奏によるヴァージョンの独立した合唱曲として、作りかえました。そしてこれは、宮澤賢治の他の童話においてやはり「劇中歌」のようにして現れる“歌”によって構成される、「イーハトーヴ組曲」の第一曲に置かれています。 <歌詞>  あかいめだまの さそり  ひろげた鷲の  つばさ  あをいめだめの 小いぬ、  ひかりのへびの とぐろ。  オリオンは高く うたひ  つゆとしもとを おとす、  アンドロメダの くもは  さかなのくちの かたち。  大ぐまのあしを きたに  五つのばした  ところ。  小熊のひたいの うへは  そらのめぐりの めあて。

3 MIN2005 DEC 31
Comments
星めぐりの歌(鈴木輝昭作曲『イーハトーヴ組曲』より)

星めぐりの歌(加藤學 編曲)

岩手出身の作曲家 加藤學の作品「混声合唱のためのイーハトーヴォ幻想」のなかから、第三曲「星めぐりの歌」です。  加藤學氏は、岩手大学を卒業後、県内の高校の音楽教師・合唱指導者として教育に尽くした後、1992年からはフリーの作曲家として活躍しておられましたが、1998年に47歳の若さで亡くなりました。  この「星めぐりの歌」は組曲のなかの愛すべき小品で、歌詞の二番の部分では、アルトとソプラノの輪唱に男声も掛け合い、まるでぐるぐると廻りつづける「星めぐり」を象徴するかのようです。 <歌詞>  あかいめだまの さそり  ひろげた鷲の  つばさ  あをいめだめの 小いぬ、  ひかりのへびの とぐろ。  オリオンは高く うたひ  つゆとしもとを おとす、  アンドロメダの くもは  さかなのくちの かたち。  大ぐまのあしを きたに  五つのばした  ところ。  小熊のひたいの うへは  そらのめぐりの めあて。

1 MIN2005 NOV 20
Comments
星めぐりの歌(加藤學 編曲)

敗れし少年の歌へる

2004年10月に岩手県普代村に宮沢賢治の「敗れし少年の歌へる」詩碑が建立されたことを機会に、地元の合唱団から「宮澤賢治の詩の世界」管理人に作曲の依頼があり、作られた曲です。歌は、2005年10月8日に普代村で行われた「第17回コーラスライオット風定期演奏会」で披露されました。 <歌詞>  敗れし少年の歌へる ひかりわななくあけぞらに 清麗サフィアのさまなして きみにたぐへるかの惑星(ほし)の いま融け行くぞかなしけれ 雪をかぶれるびゃくしんや 百の海岬いま明けて あをうなばらは万葉の 古きしらべにひかれるを 夜はあやしき積雲の なかより生れてかの星ぞ さながらきみのことばもて われをこととひ燃えけるを よきロダイトのさまなして ひかりわなゝくかのそらに 溶け行くとしてひるがへる きみが星こそかなしけれ

5 MIN2005 OCT 10
Comments
敗れし少年の歌へる
hmly
Welcome to Himalaya LearningDozens of podcourses featuring over 100 experts are waiting for you.